はじめての庭づくり記事お悩み解決編~歩きづらい~

自然石でのナチュラルなアプローチの例

1.悩みから庭づくりを考えてみよう ~ぬかるむ~(泥が付かないようにアプローチを考える)

本当に良いお庭をつくろうと思ったらまず自分や家族にしっかりとヒアリングをすることをお勧めします。そして家を建てたときの図面を利用して、自分たちにあった庭を計画する事が大切になります。でも、それ以前の問題で、「ぬかるむ」という問題があって庭が使えないという場合どう考えたらよいでしょうか?

a) 具体的な方法・・・

ぬかるむ場所に、レンガや枕木、自然石平板などを用いてアプローチを作ります。コストを抑えたい場合は砂利や芝生といった方法もありますが、芝生が元気に生育するには日あたりと水はけがポイントになるので、ぬかるむ場所に芝を張ろうとしたら、土を足して水はけ改善から必要になります。植栽したい場所がぬかるむ場合、暗渠と言って、水はけの道を人為的につくる事もありますが、土を掘り返す大変な作業が伴います。砂利を敷く場合には雑草が生えてこないように防草シートを敷いてから砂利をたっぷり撒くことをお勧めします。良く歩く場所はシートの下に砂利が入り込まないようピンを多めにしっかり打ちましょう。

b)どこにアプローチをつくるか?・・・

簡単そうで、良く考えた方が良い部分です。アプローチは歩きやすくするとともに、これにより、庭やエクステリアの骨格が決まってきます。どこから歩き始めて、どこに向かう事が多いか?水栓の場所や将来物干し場やペットの小屋を作る予定があればそこまで考えておきたいもの。自転車の場所も考える必要があるかもしれません。また、アプローチの幅はエクステリアの門から玄関までといった毎日歩くところこそ太く、庭のように、たまにしか歩かないけど広く見せたいところは少し狭くするなど工夫もできるし、フリースペース的に色々使う部分はテラスのように面で大きく安定エリアを設ける事もあります。

c)自分でやるか業者に頼むか?・・・

自分で行うメリットは、工賃分安くなることと、作業を楽しみ、愛着が持てる事です。業者に頼むメリットは、下地の大量の砕石や砂、セメントなどの運搬など大変な部分もやらなくて良いこととしっかりしたアプローチができる事です。使う素材によりコストは変わりますが、参考として、アトリエ朴で写真のように自然石でアプローチを作った場合、車が載らない下地のつくり方であれば80㎝幅で5m作ると、税抜10万円~くらいで作れます。自分で作ると、石代が5万円くらいと砂やセメントで1万円~くらいなので、税抜6万円~くらいで作れると思います。

アトリエ朴にご相談いただく場合はコチラからお問合せいただけると幸いです。アプローチや砂利まきのみのご依頼でもコンタクトページ上では、「デザインの依頼」を選択してください。