はじめての庭づくり記事~庭は見た目で好きになる~

ちいさなお庭はテイストがまとめやすい

庭は見た目で好きになる~テイストの統一~

部屋にしろ庭にしろ、居心地のいい空間、好きな空間ってなんだろうって考えてきた一つの答えは「テイストの統一」です。和の庭にも、ジャンクな庭にも、イングリッシュガーデンにも素敵な庭はたくさんあります。でも、多様な要素がごちゃごちゃと混ざり合った庭で素敵に作るのは難儀です。例えばテーマは家族が過ごせる庭でも、さらに、テイストはカフェテイストにしよう!とかそこまで落とし込んで計画すると庭が好きになり、庭が好きになると庭がさらに素敵になり、人生を少し豊かにしてくれると思います。

a) テイストってなんだろう?

直訳すると「味」。庭の本など見ていっても、「ジャンクテイスト」とか「アーバンテイスト」「ナチュラルテイスト」「フレンチテイスト」と実に様々な言葉が出てきます。一言でいえば「世界観」みたいなもので、どんな雰囲気でまとめていくか?という事になります。これを統一させると空間の完成度があがり、完成度があがると、落ち着く庭、好感の持てる庭になっていきます。

b)テイストを整理する4つの器

色々あるテイストがつく言葉をひとつひとつ整理すると和テイストとか、アジアンテイストのように国や文化圏ごとにまとめられたテイストがあります。これを「国・文化圏別テイスト」として考え、モダンテイスト、アンティークテイストのように時代ごとのテイストを「時代別テイスト」と考え、カントリーテイスト、アーバンテイストのように田舎か都市部かの違いを「住環境別テイスト」として、ジャンクテイスト等を「作りこみ別テイスト」とします。※テイストについての内容説明は次の回に書きます。

ここで言いたいのは、フランスの田舎の方、プロバンス辺りのアンティークな雰囲気で作りたいと考えると、こだわりの強い庭になります。でも、アジアンな感じで、ヨーロッパ風に、和の庭を作りたいと言うと、ごちゃごちゃになります。先ほどの同じ器から2つ以上計画しないように注意が必要です。

ナチュラルテイストに作ったガーデンカフェ

c)どうやって計画に活かすか

まずは、自身の好みを探ってください。いろんな庭の雑誌やネット記事からでも好きな写真を集め、それがどんなテイストの写真が多いか見て探ります。忘れてはいけないのは、既存の持っている環境要素の分析。建物が和風で、既存の松などが門被りや、玉散らしがあったら、ここからフレンチテイストにするには大変な労力です。

アトリエ朴ではDIYガーデンアドバイスも行っておりますので、このあたりも相談したい場合はコチラをご覧ください。

ご自身で行われる場合にはDIY庭づくりの方法をもっと詳しくまとめたコチラの本をぜひ参考にしてみてください。