LIVE GARDEN ~家族でくつろぐグランピングガーデン~

ガーデンショーというと、見たこと無いような心揺さぶる作品が魅力的に感じますが、今回の主催からの依頼は、「来場者が何かアイディアを持って帰れるリアルな庭」という事でした。そこで、「くつろぐ癒しの庭」としてアトリエ朴のショー作品としては珍しい「家族」をテーマに作らせていただきました。ライブガーデンとして、バラショウが開催されてから作っていくという企画で、その中で、12・13・14日は1日3回のトークイベントも行わせていただき、デザインのコツから写真の撮り方のお話まで幅広くさせていただきました。

設定は登山で出逢ったご夫婦。お子様は小1の妹と小3のお兄ちゃん。王冠のテントとティアラのテントがそれぞれの居場所です。手前の肉球のテントも家族の一員、チャンプのテントです。

自然は大好きで、キャンプにも良く行くけど、実は植物やお庭にはさほど興味がありません。こんな方意外といるかも!?きっとこれから植物にもお庭にも興味がどんどん沸いてきますね(^-^; そんな家族ですからアプローチも・・・・

特別につくりこんでいるわけでもありません。。。でも、外で食べる料理の美味しさや、快適さは良く知っているので、ファイヤーピットが庭の中心としておいてあります。火を見ながらする会話はすっと心が開けて素直になれます。若い夫婦はお庭にふんだんにお金をかけられるわけではないので、「丸太と布」がメインの素材。という設定です。

 

実はこのお庭が14日に完成したときにずっと未完成のような気持ちがありましたが、後々に、足りないものに気づきました。

それは・・・

 

それは・・・

 

・・・

 

 

 

それは、「人」「笑顔」でした。入りたいって言ってもらえて関係者が入ったときに、「あっ、完成してる」って心の声がつぶやきました。一番上の写真と、この写真は同じ場所です。人が落ち着くようにを考えて、まるで自生地のように同じ樹種を選んだり、色幅を抑えたりしたことで、ショーガーデンとしての派手さや、煌びやかさは薄く感じるかもしれないけど、コントラストを強く美しくと考えたら「心揺さぶる美しさ」がつくれても、「くつろぐ」は難しいので、安定した優しい野趣を目指しました。人がいるとそのバランスがちょうどとれて、そんな「くつろぎ」を求めた庭だと伝わるのかな?なので、きっと今回の作品は人や笑顔が必要だったのです。

できて3日目には解体という悲しさも多くの方に見てもらえたからま、いっか。。。

また、今回のショーは出逢いも実に多かった。超ご近所さんだったり、実際に登山で出逢った夫婦だったり、懐かしい友人だったり、素晴らしい若者達だったり、ゆかいな仲間たちだったり。毎年思いますが、昨日も夜中過ぎまでずっと付き合ってくれた仲間などに支えられてできているイベントです。関わってくれた方、この場でもお礼を言わせて下さい。ありがとうございました。

 

 

 

国際バラとガーデニングショウ”注目の的”

実物はもっとリアルな炎

いよいよ本日より19回国際バラとガーデニングショウがスタートしました。今回も制作過程を披露する”ライブガーデン”を担当させていただいておりますので、有福は一生懸命ライブトークを行っております。一回20分を1日3回というスケジュールです。庭が未完成と言う理由もあり?とにかく注目の的にいるのは写真の炎!もちろん、ドームで火は使えるはずもなく究極的に安全な「炎」です。写真ではわかりにくいですが揺らぎからなにから本物そっくり。しかしながら特殊なミストに光を当てて炎に見せている優れもの。この炎の揺らぎや、パチパチといった音には、人を素直にさせる効果があり、火を囲んでの会話はいつもより素直に、いつもより心をすっと開いた会話になります。とにかく良く聞かれたので、この場でご紹介。

あれは→ ディンプレックス ←という会社のoputi-mystという商品になります。レストランや商業施設でも使えそうだし、見た方のアイディア次第で様々な使い方ができそう!

下地の準備中

今回のガーデニングショウの作品に関しては、14日に完成なので、お見せできる部分がほとんどなく。。。。

完成したら詳しくご紹介させていただきます!写真は制作準備中です。12~14は来場者の多い時期なので、中途半端な姿を見てこれで完成と思われてしまうのが大変苦しい想いで、「完成した姿を見て!!」と強く思ってしまうのでした。ブログではアップするので、14日までにご来場の皆さま、ぜひまた覗いてやって下さいね^^

ガーデンショー乗り込み4日前

所沢の西武ドームで行われる「国際バラとガーデニングショウ」今年もあと4日で乗込みといういうところまで来ました。はじめてガーデンコンテストに挑戦したのが2005年でした。今年作る作品で、西武ドームだけでも10回目の展示作品となります。このガーデンコンテストの展示作品というのはパース・図面・創作意図による一次審査を通過してはじめてドームに制作できるようになります。何回も挑戦してきてわかる事は、最初の頃は1次審査を通過して作れる事が嬉しくて、とにかく好きな事をやっていた「コンテスト展示初期」です。この時期のメリットは、色んな想いや特技を持った人と出逢えること、施主のいない中で白紙から考える作品は、自分のやりたい事、好きなテイスト、好きな植栽、どこにこだわっているのか?など自分探しにつながるといった事に大きな意味がある時期だと思います。

初期のつくりたいように作った作品

3~5回出ると、自分の好みや得意な事がだいぶ見えてきて、自分にできない事、自分のキャパを広げる事に挑戦したい時もあれば、逆にとことん自分の得意な事を徹底したい時もあり、はたまた「賞」を狙う作品を作りたくなってくる時もあります。この辺りが、「この3つのうちどれなのか?」冷静に決めていないとこの3つの基準でぶれまくる事になります。また、この時期は間違える事が大きな意味を持っている時期のような気がします。

中期の狙いが何か、ぶれた作品

↑ 写真の作品の時は、自分を追求したいし、大賞も狙いたいから花もいっぱい植えたい…など判断基準がぶれまくっていて肩に力が入りすぎた作品。あぶ、はち、ぶよまで狙ったかのよう!

肩の力を抜いて自分探しができた作品

ようやく肩の力が抜けて自分の好きな事で良いもの作ろうと、割切れた作品。この時期はシンプルに自分のポートフォリオとして、一番見せたい作品は「コレです」と言えるような作品をつくろうと、整理ができた時期です。

そして、今日は何が今年の目標か、改めて考えた時に、中途半端な業界への想いと、新たな挑戦をしたい想いとぶれている事に気が付き、4日前にして作品に対してとめどなく不安が溢れてきました。今回は作品よりも企画が大切だから、作業の見せ方やトークを頑張ろうという想いでしたが、だんだん、新しい事に挑戦したくなったり、最近セミナーでお話しする機会もちらほらもらえて、「良い作品を作る人の言葉しか聞きたくないだろうなあ」と本質に気づいてしまい、焦りや不安が一気に襲ってきました。進めている準備も中身がないのに詰め込み過ぎ感が出ているなあ…とか4日前の11:55分運転中に不安が一気に襲ってきました・・・でももう目の前を頑張るしかないです。今日は眠れないかも。まさに、ガーデンショウにおける作品作りの気持ちの第四段階に入った気分です。

(植物が)(殺す)

おもてのようす

ここ数日出勤するとまず、森のテラスで5分ほどかけてコーヒーを飲みます。忙しくても木々に呼び寄せられているかのように、階段をとことこ上がり、椅子に座って「ふぁ~。。」ってなります。

そして、今はデスクワークも多いので昼とか事務所のドアを開けて外にでると、真剣に「なんだここは?!!」って思います。空気?なんか気が凄いんです。この時期は本当にぞくっとするぐらい違います。

大変衝撃的なタイトルにしてみましたが、言いたい事は、恐くなくて、この季節に植物が菌や細菌などから守るために、周囲の悪い?生物を殺すために出す物質「フィトンチッド」のお話です。この言葉がどうやらタイトルの意味らしいのですが、自己防衛のために植物が作り上げたこの物質は、消臭や浄化の効果があると言われ、科学的にも人体に有益とされています。脳内のα波の発生を促し精神を安定させます。こうゆうのって、言葉で聞くといまいちわかりませんが、今ここに来たら肌で感じると思います。本当にすごい!

でもいつもこれをお客様に伝えようとすると・・・・フィトンチッドだったか、チトンフィッドだったかわからなくなってしまい、切り出せないんです。(;・∀・)

ミッション

プロジェクターの前に立つな。ホラーチックだ。そろそろ慣れろ!(自分への心の声)

秋に行われる全国都市緑化はちおうじフェア。公園や花壇のような形あるものだけをレガシーとするのではなく、花や緑を想う人、「心」ををレガシーとしよう!という試みで、サテライト会場の修景はボランティアへ応募してくださった方々と、知識を共有しながら行います。

一昨日はそのコミュニティガーデナーの方々へ植物知識を深める講習会を行ってきました。これから数回行っていき、本番の植栽に向けて皆で頑張ります!

会場は日本一売れると言われる「道の駅八王子滝山」、私たちのミッションはここを訪れる多くの方に、修景によってこの地の美しさと、花や緑、自然の良さに関心をもってもらう事だと思っています。

初回は自己紹介からはじめましたが、経験豊富な方、気持ちの強い方、明るい空気を作ってくれる方、それぞれとても心強いチームでした!

自分は相変わらず慣れていないから、プロジェクターの前に出まくりで、ホラーチックだし、スライド見えなくなりまくりです(^^;)

“美しさ”の種類と狙い

“調和の美”と”群集美”

お客様のお庭を作るときも、ショーガーデンを作るときも、1㎡の植栽を行うときも同じことが言えると思うのですが、なんとなくよりも狙いをしっかりと持った方がうまく行くと思います。

狙いというのは”美しさ”への狙いです。これは、プロだと、経験が多いので、「考えなくても素敵な空間が作れる」という方も多いのが実際です。逆に言うとプロでも意識していない場合が多いです。美しさの狙いとは例えば、写真の植栽は”調和の美”という美しさが感じられます。つまり、仮にもうひと品種植えて、調和の美しさを表現しようと思ったら近似色やトーンを合わせていきます。

そもそも、美しさというのは個人の感覚というやっかいな部分もありますが、ほぼほぼ共有できる美しさの表現があり、それは長い時間をかけて自然と言葉になっているものも多く、例えば「群集美」例えば「形式美」「機能美」「造形美」「自然美」「健康美」・・・・わかりやすいところだと写真の「調和美」下の写真の「対比の美」。

背景の濃い常緑の緑に白樺の幹が”対比の美”

普段の花壇は、なんとなくお店で「光っている子」達を買ってきて植えてしまう事も多いかもしれません。でも、美しさを狙おう!と思う事で、事前に考えて、群集美を出そうと思えば割合として、全体の6~7割を一つの種類で植えようと狙えるし、庭づくりの躯体には、足し算をしないでシンプルに役割だけを考えた「機能美」を狙う事も可能です。

庭の美しさの・・・「○○美」を想像しながら計画を進めると美しさ、完成度があがると思います。^^何より、色んな美しさを知っている方こそ色んな表現がしたくてぶれてしまいがちですが、狙う事でいさぎよくなれて、空間全体でダイナミックに一つの表現を狙う事もできるので、格好良くなります。 特に植栽の苗や樹木を集める時の使える話かもしれません。

灯篭とガーデンライトの違い

灯篭にはあかりを灯すという「機能」の他にも、植栽の中に異素材だったり、人口の直線だったりと植物とのコントラストを付け、アクセントになるという意味があると思います。

アクセントになるという事は格好良ければフォーカルポイントにもなるわけで、昔からの造園の手法にも灯篭に対して背景を作る「控え」の木を植える事や、灯篭を一目瞭然にしない「障り」の木を植える事などテクニックとしてむかーしから使われています。

あえて枝の揺れる細い木を障りとして植えるのは、火障りとして「影」を楽しむテクニックだそうです。

でも最近のガーデンライトはLEDで使いやすさや安全性、経済性が格段にアップしましたが、アップライト等主流であかりとしての「機能」に特化したものが多く、植栽のアクセントやフォーカルポイントとしては使えないものが多いです。

建物が洋風化してきてはいますが、築山庭造伝等に記される日本のテクニックは今も昔も共通したものが多いので文化としても残していきたいですね・・・・

って大層なごたくを並べながら作った灯篭風のガーデンライト。いや、本当にライト自体の機能がどんどん良くなっているので、積極的にライトの飾り方追求していきたいです^^

生産者さんへ伺う意味

右は木がしっかりしているアガパンサス。左は珍しい品種のアガパンサス。

良い料理人は味付けなどで美味しい料理をつくるかもしれませんが、同時に素材にもこだわっていると思います。植栽も同じような事が言えて組み合わせなども大切だけど、苗の状態等で見た目もその後も大きく違ったりします。

先日、白花のアガパンサスの大株を探しに行った時に生産者さんが「芽数も大事だけど、木がしっかりしてるの選んだ方がいいよ」と教えてくれました。ここでいう「木」は株元の固くなった部分です。ここがしっかり固くなっているほど、寒さに耐える強健さとかを持っていて、人で言うと体育大出身みたいな?感じです。

実際に研究しながら育てている人のアドバイスは宝物で、ここで得る話は教科書で得る知識よりも大切です。まして、新しい品種などどんどん出てきていて、場所に合わせて使える子を考えるのもガーデナー、ガーデンデザイナーの役割だと思うので、日々の情報が大切になります。

“センス”の磨き方

アルボマルギナータの白斑と銅葉は相性抜群

ここ最近、セミナーの内容をスライドで用意するというデスクワークに追われています。一年草とは・・・みたいな知識はまさに覚える話だし、見せ方の「控え」や「障り」等の手法も比較的説明して理解しやすい部分だと思います。自分も聞いた時になんの疑問もなく受け入れられました。でも、「知識」「手法」ではない部分の「センス」の話って結構論理的に話しにくいですね。「これとこれは隣に置くとなんか素敵でしょ?」みたいな・・・・。

でもそんな時、ガーデンショーの作品を見ながら話をしてくれていた先輩である栃木の徳原先生の言葉を思い出しました。それは、「ニューサイランのような線状の植物は他の丸い葉に比べてフォルムがアクセントになる。だから美しい。」と。聞いた時は、うん、知ってる。と思いましたが、このあと作品を見ながら「だから、こんな風にニューサイランの周りに低木を植えてしまうとフォルムがわかりづらくなって美しさが引き出せないんだよ。」って。おお!なるほど、ダメ出しはきっと聞く方は嫌だけど、「何か変」とかじゃなくて、こんな論理的な勉強になるダメ出しは素晴らしい!と思いました。

つまり、センスを磨くにはその植物の魅力をしっかり理解してあげて、コンセプトに対してセレクトしてあげる、魅力を理解して組み合わせを考える、を高める事だと思います。それはつまり美しさを知る事。魅力を知る事だと感じました。これは、自分自身のこれからの庭、作品作りにも生徒さんへ論理的に話すためにも必要な要素なので、美しいと感じたらできるだけ写真を撮ろう!そして美しさの理由を言葉にしてみようと先日決めました。

と、いうわけでatelierbokuひっそりと Instagram はじめました。魅力を理解するって洋服にしても舞台や映画のキャスティングにしても、人付き合いにおいても、とっても大切な事だろうなと思います。この試みはきっと3年後ぐらいから芽がでると思っています。  

たねダンゴはもう芽がでた ^^

ちなみに先月作ったたねダンゴも芽がでましたが、この写真を見て、「土ってきれい!」と特に左の方を見て思いました。美しさの分析の練習をすると、同じような茶色の集まりでありながら、少しづつ色味が異なる美しさや、乾いた色から湿った色へのグラデーションが美しく見えるんだろうな・・あとは、まさしくアースカラーの安心感かな。

分析力45点。

Crambe

植栽の苗が入荷してきています!

春になってきましたね!植栽をお待たせしてしまっていましたが、苗が次々入荷してきています。

今回の充実した入荷の中で嬉しいのは、Crambe !まだまだレアな知名度の無い植物ですが、結構優秀。はじめて7年前に植えたクランべ・マリティマは、下の写真のような成長を見せてくれました。葉から想像する花とは違い、良い意味で期待を裏切るような植物です。

クランべ マリティマ

写真は植えて2年目の冬から梅雨までの様子3段階。シーケールという海キャベツ的な別名もありますが、なんせ花が見事なんです。

アブラナ科なので、虫も付きますが、ナチュラルガーデンならそうゆうもんだと割り切って使うのもありかもしれません。気になる方はオルトラン等を使っておくと良いと思います。個人的には花後の潰したくなる可愛さの種?が魅力的に感じました。

なかなか手に入らなかったクランべですが、今回はコーディフォリアという大型種も入荷しています。役者がそろってくると、いつもなら難しく感じる1000㎡~のナチュラルガーデンもグラスと合わせて作りたくなります。ただただ、苗を黙々と植え続ける1000㎡・・・・あー楽しそう。

出展報告 ~第19回国際バラとガーデニングショウ~

2014年大賞受賞 「等身大で楽しむ僕等のサンクチュアリ」

少しづつ春は近づいてきているのでしょうが、今日の雨もとても寒かったですね。今年も後一か月ちょっとで西武ドームで行われている庭の祭典、「国際バラとガーデニングショウ」が開催されます。庭のイベントの中でも群を抜く注目のイベントとなっていますが、お陰様で今年もお庭を作れる事となりました。

↑ みどころページの下の方にいます^^

ホームページを見て嬉しかった事は「みどころ」のボタンにうちが2014年に作ったお庭が使われていた事。(PC版サイト)こんなん、よーく見ないとわからないし、深い意味はないのですが、WEBデザイナーが、数ある写真素材からこれを選んでくれたという事が嬉しいのですよ。

こうゆうイベントに関して思う事は、今年も新潟の方でもガーデンイベントの企画に携わらせて頂きましたが、新しいガーデンファンが増えていないという問題があります。色んな場面でこの事を感じて、色んな方と話をして、共感しても具体的な解決策がないままになってしまう事が多いです。

そんな事を考えてきたせいもあって、今年の自分の中のテーマは庭や園芸に興味がない、若い人たちが見てもこの生活格好いいね!って思ってもらえる作品を作る事。だから作品っていうよりもやっぱり「ライフスタイル提案」ですよね。若い人たちが花を育てている話はあまり聞かないけど、若い人はキャンプは好きで、遠くの森に自然を求めて行くんですよね。だからそんなナチュラルライフを楽しめるような、心健やかな時間の流れが感じられる空間づくりに挑みます!

今は創造した空間を作るための準備や相談を様々な方々と行わせていただいております。今年も30㎡ほどの庭づくりになりますが、植物手配にしても、今からポットのサイズや温室での加温状況など様々お願いしています。30㎡に対して必要な数を頼んできっちり納まるというのは相手が植物だと難しい話で、実際より多く持っていきます。赤毛のアンの庭を作った時はなんせ広いので、かなり用意してトラック一台分持ち帰ったのに足りない色は足りないなど大変な状況です。でも、開花に個体差があるので生産者さんは私が頼んだ数の1.5倍は準備してくれているそうな・・・つまり、何があるかわからないので30㎡のためにうちも余裕を見て、生産者さんも余裕をみているので、あそこには・・並ぶ花達と共に試合に出られなかった2軍、3軍の涙も一緒に植わっているのです。アイディアだって思いついてはボツにしての繰り返し。

何が言いたいかっていうと、ぜひ今年も見に来てくださいね!<m(__)m>

カメラマンさんの「眼」

ローブリッターを絡げる予定だからもう少し白くしたいなぁ・・

現在進行中の仕事のひとつに「カメラマンさんの庭」があります。カメラマンさんといっても、なんと庭や植物の写真を手掛けるカメラマン。おそらく皆様の本棚にある園芸誌、ガーデン誌の中にこの方の撮られた写真が多々あることかと思います。

お昼をご一緒させていただいたりしている際にとってもためになる話も伺えました。その一つとして、カメラと眼と人の脳の仕組み。人は視覚に入った物を全て見ているわけではなく、眼に写っていても脳は見たいものだけ見ているそうです。でも、カメラは正直で写るもの全てを公平に写します。なので、このカメラマンさんは庭に行くとまずファインダー越しに色々な角度からどんどん撮ってみるそうです。そうすると、庭は公平なカメラの眼でどんどん丸裸にされていきます。その中で、魅力的なシーン、角度、寄り方など含めてその庭の美しい写真の撮り方が見えてくるようです。

ブリキ風トレリスはニューアイテムです^^

著名なガーデナーさん達とも一緒になってカメラの眼にも応えるシーンを想像しながら進めています。なので、ちょっとした瞬間の会話がとても勉強になる現場です^^