“美しさ”の種類と狙い

“調和の美”と”群集美”

お客様のお庭を作るときも、ショーガーデンを作るときも、1㎡の植栽を行うときも同じことが言えると思うのですが、なんとなくよりも狙いをしっかりと持った方がうまく行くと思います。

狙いというのは”美しさ”への狙いです。これは、プロだと、経験が多いので、「考えなくても素敵な空間が作れる」という方も多いのが実際です。逆に言うとプロでも意識していない場合が多いです。美しさの狙いとは例えば、写真の植栽は”調和の美”という美しさが感じられます。つまり、仮にもうひと品種植えて、調和の美しさを表現しようと思ったら近似色やトーンを合わせていきます。

そもそも、美しさというのは個人の感覚というやっかいな部分もありますが、ほぼほぼ共有できる美しさの表現があり、それは長い時間をかけて自然と言葉になっているものも多く、例えば「群集美」例えば「形式美」「機能美」「造形美」「自然美」「健康美」・・・・わかりやすいところだと写真の「調和美」下の写真の「対比の美」。

背景の濃い常緑の緑に白樺の幹が”対比の美”

普段の花壇は、なんとなくお店で「光っている子」達を買ってきて植えてしまう事も多いかもしれません。でも、美しさを狙おう!と思う事で、事前に考えて、群集美を出そうと思えば割合として、全体の6~7割を一つの種類で植えようと狙えるし、庭づくりの躯体には、足し算をしないでシンプルに役割だけを考えた「機能美」を狙う事も可能です。

庭の美しさの・・・「○○美」を想像しながら計画を進めると美しさ、完成度があがると思います。^^何より、色んな美しさを知っている方こそ色んな表現がしたくてぶれてしまいがちですが、狙う事でいさぎよくなれて、空間全体でダイナミックに一つの表現を狙う事もできるので、格好良くなります。 特に植栽の苗や樹木を集める時の使える話かもしれません。

灯篭とガーデンライトの違い

灯篭にはあかりを灯すという「機能」の他にも、植栽の中に異素材だったり、人口の直線だったりと植物とのコントラストを付け、アクセントになるという意味があると思います。

アクセントになるという事は格好良ければフォーカルポイントにもなるわけで、昔からの造園の手法にも灯篭に対して背景を作る「控え」の木を植える事や、灯篭を一目瞭然にしない「障り」の木を植える事などテクニックとしてむかーしから使われています。

あえて枝の揺れる細い木を障りとして植えるのは、火障りとして「影」を楽しむテクニックだそうです。

でも最近のガーデンライトはLEDで使いやすさや安全性、経済性が格段にアップしましたが、アップライト等主流であかりとしての「機能」に特化したものが多く、植栽のアクセントやフォーカルポイントとしては使えないものが多いです。

建物が洋風化してきてはいますが、築山庭造伝等に記される日本のテクニックは今も昔も共通したものが多いので文化としても残していきたいですね・・・・

って大層なごたくを並べながら作った灯篭風のガーデンライト。いや、本当にライト自体の機能がどんどん良くなっているので、積極的にライトの飾り方追求していきたいです^^

生産者さんへ伺う意味

右は木がしっかりしているアガパンサス。左は珍しい品種のアガパンサス。

良い料理人は味付けなどで美味しい料理をつくるかもしれませんが、同時に素材にもこだわっていると思います。植栽も同じような事が言えて組み合わせなども大切だけど、苗の状態等で見た目もその後も大きく違ったりします。

先日、白花のアガパンサスの大株を探しに行った時に生産者さんが「芽数も大事だけど、木がしっかりしてるの選んだ方がいいよ」と教えてくれました。ここでいう「木」は株元の固くなった部分です。ここがしっかり固くなっているほど、寒さに耐える強健さとかを持っていて、人で言うと体育大出身みたいな?感じです。

実際に研究しながら育てている人のアドバイスは宝物で、ここで得る話は教科書で得る知識よりも大切です。まして、新しい品種などどんどん出てきていて、場所に合わせて使える子を考えるのもガーデナー、ガーデンデザイナーの役割だと思うので、日々の情報が大切になります。

“センス”の磨き方

アルボマルギナータの白斑と銅葉は相性抜群

ここ最近、セミナーの内容をスライドで用意するというデスクワークに追われています。一年草とは・・・みたいな知識はまさに覚える話だし、見せ方の「控え」や「障り」等の手法も比較的説明して理解しやすい部分だと思います。自分も聞いた時になんの疑問もなく受け入れられました。でも、「知識」「手法」ではない部分の「センス」の話って結構論理的に話しにくいですね。「これとこれは隣に置くとなんか素敵でしょ?」みたいな・・・・。

でもそんな時、ガーデンショーの作品を見ながら話をしてくれていた先輩である栃木の徳原先生の言葉を思い出しました。それは、「ニューサイランのような線状の植物は他の丸い葉に比べてフォルムがアクセントになる。だから美しい。」と。聞いた時は、うん、知ってる。と思いましたが、このあと作品を見ながら「だから、こんな風にニューサイランの周りに低木を植えてしまうとフォルムがわかりづらくなって美しさが引き出せないんだよ。」って。おお!なるほど、ダメ出しはきっと聞く方は嫌だけど、「何か変」とかじゃなくて、こんな論理的な勉強になるダメ出しは素晴らしい!と思いました。

つまり、センスを磨くにはその植物の魅力をしっかり理解してあげて、コンセプトに対してセレクトしてあげる、魅力を理解して組み合わせを考える、を高める事だと思います。それはつまり美しさを知る事。魅力を知る事だと感じました。これは、自分自身のこれからの庭、作品作りにも生徒さんへ論理的に話すためにも必要な要素なので、美しいと感じたらできるだけ写真を撮ろう!そして美しさの理由を言葉にしてみようと先日決めました。

と、いうわけでatelierbokuひっそりと Instagram はじめました。魅力を理解するって洋服にしても舞台や映画のキャスティングにしても、人付き合いにおいても、とっても大切な事だろうなと思います。この試みはきっと3年後ぐらいから芽がでると思っています。  

たねダンゴはもう芽がでた ^^

ちなみに先月作ったたねダンゴも芽がでましたが、この写真を見て、「土ってきれい!」と特に左の方を見て思いました。美しさの分析の練習をすると、同じような茶色の集まりでありながら、少しづつ色味が異なる美しさや、乾いた色から湿った色へのグラデーションが美しく見えるんだろうな・・あとは、まさしくアースカラーの安心感かな。

分析力45点。

Crambe

植栽の苗が入荷してきています!

春になってきましたね!植栽をお待たせしてしまっていましたが、苗が次々入荷してきています。

今回の充実した入荷の中で嬉しいのは、Crambe !まだまだレアな知名度の無い植物ですが、結構優秀。はじめて7年前に植えたクランべ・マリティマは、下の写真のような成長を見せてくれました。葉から想像する花とは違い、良い意味で期待を裏切るような植物です。

クランべ マリティマ

写真は植えて2年目の冬から梅雨までの様子3段階。シーケールという海キャベツ的な別名もありますが、なんせ花が見事なんです。

アブラナ科なので、虫も付きますが、ナチュラルガーデンならそうゆうもんだと割り切って使うのもありかもしれません。気になる方はオルトラン等を使っておくと良いと思います。個人的には花後の潰したくなる可愛さの種?が魅力的に感じました。

なかなか手に入らなかったクランべですが、今回はコーディフォリアという大型種も入荷しています。役者がそろってくると、いつもなら難しく感じる1000㎡~のナチュラルガーデンもグラスと合わせて作りたくなります。ただただ、苗を黙々と植え続ける1000㎡・・・・あー楽しそう。

出展報告 ~第19回国際バラとガーデニングショウ~

2014年大賞受賞 「等身大で楽しむ僕等のサンクチュアリ」

少しづつ春は近づいてきているのでしょうが、今日の雨もとても寒かったですね。今年も後一か月ちょっとで西武ドームで行われている庭の祭典、「国際バラとガーデニングショウ」が開催されます。庭のイベントの中でも群を抜く注目のイベントとなっていますが、お陰様で今年もお庭を作れる事となりました。

↑ みどころページの下の方にいます^^

ホームページを見て嬉しかった事は「みどころ」のボタンにうちが2014年に作ったお庭が使われていた事。(PC版サイト)こんなん、よーく見ないとわからないし、深い意味はないのですが、WEBデザイナーが、数ある写真素材からこれを選んでくれたという事が嬉しいのですよ。

こうゆうイベントに関して思う事は、今年も新潟の方でもガーデンイベントの企画に携わらせて頂きましたが、新しいガーデンファンが増えていないという問題があります。色んな場面でこの事を感じて、色んな方と話をして、共感しても具体的な解決策がないままになってしまう事が多いです。

そんな事を考えてきたせいもあって、今年の自分の中のテーマは庭や園芸に興味がない、若い人たちが見てもこの生活格好いいね!って思ってもらえる作品を作る事。だから作品っていうよりもやっぱり「ライフスタイル提案」ですよね。若い人たちが花を育てている話はあまり聞かないけど、若い人はキャンプは好きで、遠くの森に自然を求めて行くんですよね。だからそんなナチュラルライフを楽しめるような、心健やかな時間の流れが感じられる空間づくりに挑みます!

今は創造した空間を作るための準備や相談を様々な方々と行わせていただいております。今年も30㎡ほどの庭づくりになりますが、植物手配にしても、今からポットのサイズや温室での加温状況など様々お願いしています。30㎡に対して必要な数を頼んできっちり納まるというのは相手が植物だと難しい話で、実際より多く持っていきます。赤毛のアンの庭を作った時はなんせ広いので、かなり用意してトラック一台分持ち帰ったのに足りない色は足りないなど大変な状況です。でも、開花に個体差があるので生産者さんは私が頼んだ数の1.5倍は準備してくれているそうな・・・つまり、何があるかわからないので30㎡のためにうちも余裕を見て、生産者さんも余裕をみているので、あそこには・・並ぶ花達と共に試合に出られなかった2軍、3軍の涙も一緒に植わっているのです。アイディアだって思いついてはボツにしての繰り返し。

何が言いたいかっていうと、ぜひ今年も見に来てくださいね!<m(__)m>

カメラマンさんの「眼」

ローブリッターを絡げる予定だからもう少し白くしたいなぁ・・

現在進行中の仕事のひとつに「カメラマンさんの庭」があります。カメラマンさんといっても、なんと庭や植物の写真を手掛けるカメラマン。おそらく皆様の本棚にある園芸誌、ガーデン誌の中にこの方の撮られた写真が多々あることかと思います。

お昼をご一緒させていただいたりしている際にとってもためになる話も伺えました。その一つとして、カメラと眼と人の脳の仕組み。人は視覚に入った物を全て見ているわけではなく、眼に写っていても脳は見たいものだけ見ているそうです。でも、カメラは正直で写るもの全てを公平に写します。なので、このカメラマンさんは庭に行くとまずファインダー越しに色々な角度からどんどん撮ってみるそうです。そうすると、庭は公平なカメラの眼でどんどん丸裸にされていきます。その中で、魅力的なシーン、角度、寄り方など含めてその庭の美しい写真の撮り方が見えてくるようです。

ブリキ風トレリスはニューアイテムです^^

著名なガーデナーさん達とも一緒になってカメラの眼にも応えるシーンを想像しながら進めています。なので、ちょっとした瞬間の会話がとても勉強になる現場です^^

書かせていただいている記事

最近、発売されていて、ご紹介できていなかったメディア情報です。2017年、60号のガーデン&ガーデンにて、「物語のある庭を作るコツ」という記事と、コラムで連載させていただいている「ゆるりと庭ばなし。」では失敗しない植栽プランのコツをお話しさせていただきました。コラムタイトルは“ゆるりと”ですが、自分が植栽を考える際のプラン立ての手順や、魅せ方のテクニックをしっかり3Pにてご紹介させていただきました。

P85にある囲みの「計算できるベース植物」は見た目も良くて、管理が楽な植物を具体的に17品種あげているので、これからお庭の植栽をされる方には役にたってくれるかな?と思っています。

物語が生まれるガーデンデザインのコツは、偉そうな事言えませんが、記事を読む限り、デザインの際に、物のレイアウトを想像するよりも、庭を楽しんでいるシーンを想像したほうが、良いって事を言いたいんだと思います。きっと私は。デッキの上にテーブルを置いて・・・とデザインするよりも、朝みそ汁に小ねぎを入れようとしたら無いからチャイブを摘みに行くの♪そしたら間違えてコリアンダー摘んできちゃって、パクチー嫌いな長男怒る怒る♪みたいな感じで考えると、勝手口から出たところに小さくとも菜園を作りたくなる。そんな感じの方が楽しいかなって思います。

そして、もうひとつは真面目に趣味の園芸にて毎月庭木の管理に関する記事を書いています。庭木って、春は手入れが色々できたりするけど、何もしなくてもいいんじゃね?って月も結構多い!でもさすがに「何もしなくていいんじゃね?」とは書けないので、「シルバープリペットはこの辺りでイボタロウムシつく事あるな、注意必要だ」とか、リアルを思い出しながら、裏を取りながら、、、結構真面目です。どちらも今まで自分がしてきた失敗も成功体験も共有できたらいいなって思いで続けさせていただいておりますが、これを書く事で一番勉強になっているの自分じゃね?って思います。

こうゆう、もしかしたら会ったことの無い、多くの庭好きな方々、多くの植物好きな方々と文字を通してつながれるって嬉しい事です。だって、自分がチャドクガやイラガに刺されて偉い目にあった体験さえも、「注意した方が良い」とこの場に書けるリアルな情報になるから全ての事に意味を持たせてくれて、プラスにしてくれるレアな仕事なんです。

これだって100年後を見据えた立派な活動。

立派な大人が寄ってたかって何をしているかと言うと、● 泥ダンゴをこねています

それでもって、肥料を入れて、珪酸塩白土を入れて。種をつけて。花壇に撒く“たねダンゴ”の完成!昨日は家庭園芸普及協会の皆様にたねダンゴ作りを教わってきました。

このたねダンゴはもともと東北の復興支援で、プランターと苗で花を届けていた際に、予算的な問題から生まれたアイディア。幼稚園などで子供達と作るときには「早く芽が出ろ♪」と踊ったりするそうで、(トトロの1コマみたいで可愛い!)この手法はとても人気があります。

お話しいただいたメリットは

①細かいタネでもうまく分散して撒ける

②風で飛んだりしにくく、傾斜地でも配置がしやすい

③ダンゴに保水性、保肥性があって、初期生育を助ける

④直播だから苗よりしっかり生育しやすい

⑤一か所から数株でるので、ブーケのようなボリュームに

⑥ダンゴを作りながら交流できる

何より、けと土をいじってダンゴをこねていると、自然と笑顔になってしまうんです。これって人の本能なんでしょうか?大人もおじいちゃんも皆一様に“笑顔”でした。それでいて、春巻きなんかだと皆で作ったたねダンゴで2か月後にはお花畑ができてしまう素晴らしい「結果」成功体験ができます。幼稚園でどんどんやるとお花好きになる子が増えるんじゃないかと心底思いました。お花を好きな子、植物を愛する人が増えるという事は、その子がまた将来花好きを増やしてくれたり、木を植えてくれたり。今1本の木を植えるよりも効果は大きいかもしれません。家庭園芸普及協会の皆さま、素敵なノウハウを出し惜しみせず、労を惜しまず活動を行ってくださり本当にありがとうございました。

訂正  春巻き➡春撒き  ※春巻きは美味しい方でした。あれも笑顔になりますね。

第33回全国都市緑化よこはまフェア

写真は”恵庭”さんの作品の一部。まあ可愛いアイアンと漬物石の椅子です。 昨日は3月25日から6月4日まで開催される全国都市緑化よこはまフェアの準備の様子を拝見しにお邪魔してきました。この作品はガーデンコンテストの恵庭さんのお庭の一部ですが、恵庭さんのお庭もガーデンコンテストの1作品。ガーデンコンテストも緑化フェアの1企画。つまりは、よこはま一丸となって行う大きな緑化イベントです。私は今年の秋の第34回全国都市緑化フェアに修景アドバイザーという立場で関わらせていただいておりますが、横浜も熱さが伝わってきました。凄いですね!この作品の揃い方は。昨日行ったのは像の鼻パークという赤レンガ倉庫の目と鼻の先。場所がすこぶるいい事が出展のモチベーションに繋がってそう。

来場者のための気遣い。この気遣いを皆で共有できるともっと来場者や、たまたま来た人も緑に関心を持ちやすくなって、緑を好きになるきっかけになって、そんな人が増える事がレガシーとなる。成功も失敗もこうゆう細部への配慮の積み重ねで決まるような気がしました。作品の全体写真は、公開前なので、伏せておきますね。実は、この作品を作った恵庭の今井さんは、10年くらい前に西武ドームで隣同士になったことがあるんです。

アトリエ朴ではこんな植栽をしていた頃です・・・

その時に、なんというか色々助けてくれて、格好いい兄貴みたいな先輩です^^  こうゆうイベントは、コンテストに自腹ででる出展者の”気持ち”の上に成り立っていると心から思うけれど、もちろん出る側にもメリットに感じる部分は多々ありまして、そのうちのひとつ、割と大きな部分かもしれませんが「同業者熱い話ができる」というものがあります。昨日も出会いこそ大きなメリットだよねと話していましたが、本当にそう思います。話が横道にそれてしまいましたが、3/25~行く横浜はいつもより3倍楽しい場所になっていますよ!これだけの作品を無料で見られるってすごくないですか??

~ つむぐ ~

放牧の羊

昨日はさいたま市にある「吉田木工」さんへ打ち合わせではじめてお邪魔させていただきました。話に聞いていたイランの遊牧民「カシュガイ族」の女性が手織りでつくる絨毯、ギャッベを見に行って来ました。遊牧民がこんな荒野で直接地面に敷いて使うぐらいだから、本当に丈夫!でも肌触りが優しい。この技術が世界無形文化遺産に登録されています。このギャッベの魅力を熱く語ってくれるのが吉田木工の石井さん♪ なんとカシュガイ族の基へ仕入れに行かれたご本人です。

ギャッベはウール100%です。羊を放牧してその毛を刈って・・・

紡いだ羊の毛

手で羊の毛を紡いでいきます。ウールは逆毛があり、丈夫だそうです。(もとの方は遊牧民のつむぎ。上の方は石井さんの紡ぎだそう。)

ギャッベの草木染の材料一部

基本的にギャッベは天然草木染。様々な草木から美しい色が出て染まっていきます。

染まった糸

48時間大釜で、煮て染色すると、写真のように美しい色に染めあがります。そしてね、ここからがギャッベの凄いところ。特徴的なところ。

ギャッベを織る遊牧民

図面など無しで頭に浮かんだ模様や風景を織っていきます。。。そう、基本的にギャッベは一期一会。同じ物が無いのです。

縦糸と横糸

縦の糸はあなた。横の糸は私。そこに染めたウールを1つ1つ手で結んでいきます。(このウールは誰?)

素敵なギャッベ達

ここまで、来ると写真のキャプションも”ギャッベ達”と擬人法を用いてしまします。そのくらい凄い!

1.天然ウール100%

2.草木染

3.一年中使える(冬暖か・夏さらり)

4.100年以上と言われる耐久性

5.お手入れ簡単(羊の油分たっぷり)

まるで、ギャッベに詳しいかのようにずらずらとブログ打ちましたが、昨日聞いてきたことの知ったかぶり、受け売りです。

いやあでも、本当に惚れました。いいものだけど気兼ねなく使ってみたい。森の地面や公園の芝にざっと敷いてごろんと寝て。3年後には事務所の写真に載っていることでしょう!ちなみにギャッベをバラショウでデッキの上に敷いた様子をお見せできると思うので、興味のある方は実物を見るチャンスです(*^^*)

Rustic wall

1つの門柱がエクステリアの画一的でない雰囲気を支配します。

経年変化を表現した木材を使用した板塀。アウトラインをがっちりした厚みのある溝形鋼で包み、基礎に埋め込んで立てます。緑が映える背景となります。

  • 溝形鋼100mm使用
  • 設置工事費別途 32,400円~(インターフォンの有無等で要見積り)
  • 左側のポスト&レールは組合せ例です。付属ではありません。
  • 1品ごとの制作のため、サイズ調整もお気軽にご相談下さい。
サイズ:
W1400 x D100 x H1200mm
価格:
186,000円(税別)~

※ 完全ハンドメイドなので、サイズが多少異なる場合があります。納品までお時間を頂戴します。

商品のお問い合わせ