鉄はやわらかい?

コークスで鉄を熱しているところ

庭を構成する素材は、色々ありそうだけど、実は「植物や土」を除いたら「石」や「木材」がほとんど。これに加えて「鉄」というのもあります。そんなわけで、アイアン制作の中でも鍛造と呼ばれる部分を体験してきました。大工さんや石職人等とも話をしてきたことはありますが、「鉄」を扱う職人さんって、少し特殊で、「鉄」に対する想いの熱い人が多い気がします。実は今日溶接ではなく、鍛造という部分を体験することでこの理由がチラッと見えた気がしました。

鉄は熱いうちに打てと言いますが、焦らなくてもまた熱を入れればいいとの事。これは人生にも言えるのか?

焼きを入れた鉄は変形します。叩き方で形を作っていきます。

熱してから万力で抑えて、モンキーでクルクル回すとこんな感じに。これが鉄なのか?

とにかく焼きが入っていると変形させられる・・・

エスカルゴ

皆、思い思いにアイアン作品を作っていきます。鉄の仕事は学校もあって、生徒はいるのに働く場所が不足しているそうです。ガーデン業界は働く場所はあるのに、今一つ生徒が少ない。意外な話でした。

鉄の薔薇

普段から鉄を本職にされている方はこんなすごいのも作っていました。鉄の棒を熱して、叩いてつぶして、丸める。これを何個も大きさ変えながら作っていき、溶接で組み合わせていく。叩くのだって、そんな簡単な物じゃない。これを作っていた方は“一心不乱”格好良かった!そして最後にさりげなく、電車で持って帰れないので、どうぞってくれたんですよ??あんなに大変な作業だったのに。想いを形にしていく過程に意味を見出して熱くなれる、これは格好いい。

実用的なバール

そして初体験の私は・・・実用的なバールを叩いて叩いて、こしらえました。ひねってあるから格好いい。満足(#^.^#) 落ちていたら捨てそうな鉄の棒を熱して叩いて意味あるものに変えていく。今まで鉄には「硬い」とか「冷たい」とかそうゆう印象だったけどこの日の体験から「やわらかい」と何故か「あたたかい」という真逆のイメージも持ちました。石や木材や鉄、それぞれの特徴を知ることで、もっともっと面白い事が考えられそうな気がします。植物だけでも奥が深過ぎるのに、この業界はずっと勉強が必要ですね。これも良きかな。

冬の夜のために。

何年か前まで、人工的な明かりよりも、月の明かりやキャンドルの灯の方が風情があるようで好きでした。

それがここ数年ガーデンライトの提案率が増えている自分に気が付きました。

LED、ローボルトと使いやすいものが増えてきた事もありますが、事務所の引っ越しをして、外でサロンなどに参加してから冬の庭、夜の庭に対する意識が変わってきたのかもしれません。

今日、事務所を出たところに灯篭型のライトを一つ設置しました。春の庭は美しく、芽吹きの高揚感もあり素晴らしいですが、冬の夜の澄んだ香り?落ち葉の美しさ、ホットワイン片手に・・・四季それぞれに美しさがあるなって今更ながら実感しています。

つくらせていただくお庭でも四季の良さを感じられるような工夫をもっともっと考えられるなって

 

( ー`дー´)キリッ

フェンスであがる空間の価値

庭に限らず、空間としてその場所でできる事を考えた際には「人目」を意識する場所かそうでないかは大きな違いがあります。

以前、アトリエ朴の事務所があった場所は周りが“畑”でした。

今いる場所は、道路から奥まっていて、ほとんど人目を気にすることがなく、時々人が遠くで通るだけで一瞬ドキッとしてしまうくらい静かな場所です。

前の事務所の周りの畑に来ていた人たちももちろん、良い方ばかりでしたが、今と比べると外で過ごす時間に大きな差があります。

やはりプライベート空間になることで、ノートパソコンで外で仕事をする気になったり、空間としてまるで違う場所になるんです。

なので、お庭の場合も、ご近所さんが良い方かどうかではなくて、プライベート空間かどうか?で大きく価値や役割がかわってきます。

庭を作る要素として、フェンスや目隠しとなる樹木の役割は大きいと思います。また、写真のように、フェンスで背景を整理することで、樹木の枝ぶりや、葉の形まで浮かび上がって木の魅力が増す感じがあります。

先日伺ったお客様のお庭では、フェンスやテラス、アプローチもつくらせていただきました。アプローチはモダンな印象を少し強くするために、いつもとは違うレンガの並べ方となっています。並べ方ひとつでも表情は変わりますね!

フェンス一体型ベンチのつくり方

color : キシラデコール ブルーグレイ

先日発売されました、Garden&Garden 2017冬号におきまして、連載中のコラムの中で、DIY記事を書かせていただきました。

編集の方と話をしていて、ハンギングバスケットの写真を撮る背景だったり、ポイントで目線を切りたい、隠したいエリアへの構造物として、また冬植物が寂しくなった時の構造物として何か提案できないかというところから、モルタルを使った柱の埋め込みなどを必要としない形で考えさせていただきました。

これなら集合住宅のベランダなどでも置けそうですね。

先日の日比谷ガーデニングショーでも、E&Gアカデミー講師として、生徒たちの作品づくりを見守りましたが、デザイナーを目指す生徒たちでさえ、自分の手で作品が形になっていく作業シーンも目がキラキラとしていました。

部分的にプロに頼んだとしても、できそうな事は自分でチャレンジしてみるのもいいことだと思います。

お庭を造らせていただいて、ご飯を食べている自分が言うのも変な話ですが、広い意味で、ガーデンの楽しさを知る方が増えてくれることが業界のためでもあると思うので、ガーデンの魅力を知る入り口としても「DIY」応援したいと思っています。

材料の切断サイズまで細かく掲載されていますので、現在書店に並んでいる「Garden&Garden」ぜひお手に取ってみてください。

入学後6ヶ月の作品

 

ぼくのゆめにわ~sense of wonder~

 

ぼくのゆめにわ ~SENSE OF WONDER~

ぼくはうちゅうがだいすき!

アンドロメダ、ペルセウス、ミルキーウェイ・・・

大きくなったらぜったいにいくんだ!

少年の想いはついに秘密基地と共に部屋を飛び出した。

昼は大空を眺め、夜は星空に思いを馳せる。

そんな自由な空間があってもいい。

そして足元に広がる自然の中で、驚きや喜びを感じもっとわくわくしよう。

小さな少年の大きな願いは未来へとつながっていく。

SNSやゲームに時間を費やしがちなこれからの子供たちへ。

 

 

今年からE&Gアカデミー(庭とエクステリアの専門学校)の講師を1か月に1回程度で、行っています。6月からコンセプト出しを行ってきて、10月から本格的に動き出し、先週の1週間で作品を1から生徒達が完成させました。現在行われている日比谷公園ガーデニングショーに展示されています。そして、なんとライフスタイル部門2位をいただきました。

先週の月曜日には雨の中、シートを張って、木材を焼いたりエイジングからスタートです。(料理と一緒で下ごしらえが大切)

八王子のグリーンギャラリーガーデンズさんの本社作業場をお借りした制作風景。丸鋸も、インパクトももちろん塗装も全て生徒たちが行っています。プランだって、8割生徒、2割は先生たちとディスカッション。「この案だと、こうゆうメリットがあるけど、こうゆうデメリットもある。どうする?」みたいな。

壁の小さい穴は銀河を表し、北斗七星も。

学生の魅力はなんといっても、自由な発想力。プロには到底思いつけないアイディアが満載です。

手先が器用な子。どんどん、挑戦できる勢いのある子、一歩引いて、足りない役割を見つけてフォローできる子、十人十色の良い個性。

人数がいるという事は、細かい事をやる時間もとれたりして、自分のガーデンショーではなかなかここまでできない。ある意味かなりレベルの高い作品になっています。

そして、自分の所属するボタニアンというチームでもモデルガーデンを制作しております。

日常の中のおもてなしを表現 OPEN-HEART

盛大でなくとも、相手を想う美しいおもてなしを、あえて身近な竹やグラスといった植物を使って表現しています。

29日15時まで展示されていますので、日比谷公園に足をお運びください。

そして、雨続きという事もありましたが、このために製作途中で、お伺いをストップさせていただいてしまったお客様、本当に申し訳ありませんでした。

畑がレストラン

日常の中にある美

八王子全国都市緑化フェアもいよいよ明日が最終日となります。

先週は「畑がレストラン」という東部地区のイベントにお伺いさせていただきました。

畑の横の牛舎でいただく料理

もともとは牛舎だった場所を何度もきれいに掃除して、一流レストランのシェフが畑で採れた野菜などを使いながら最高の食事でもてなしてくれました。

畑の中で皆と採れたての野菜を使った料理をいただく。素朴でいながら贅沢な時間。

企画された吉田さんご兄弟、JAG正岡会長、吉谷さんご夫妻、保立さんもお見えでした。

自分が所属する「ボタニアン」という緑の可能性を考え、試みるチームで、10月21日から日比谷公園で開催されるガーデニングショーの「おもてなしガーデン」を制作致します。

ここでもオリンピックに向けて?という意味もあり「おもてなし」をテーマに計画を進めていますが、今回のこの「畑がレストラン」にはヒントがぎっしり詰まっていました。

ボタニアンで今回挑む「おもてなしガーデン」のタイトルはopen-heart  ハレとケの「ケ」。

身近な物を用いて、盛大でなくとも相手を想い、受け入れる美しくて尊いおもてなしの心を30M超えのサイズで表現します。

日比谷公園ガーデニングショーは10月21日開催です。今回はモデルガーデンの他に、月に一度くらいでひっそり講師を務めているE&Gアカデミーの生徒さんの作品(必見!)や身近な仲間たちの力作もライフスタイル部門に登場致します。

アクセスの良い場所での「無料」のガーデニングショーですのでご都合の合う方はぜひいらしてください。

natural modern

先日、アイランド型のブリキ+ウリン材(アイアンウッド)のアプローチを制作させていただきました。

半年すると、ウリンの色がこなれた褐色に落ち着いて、2年~すると吉祥草もずっとここに群生している雰囲気になってきて、見た目がだいぶ違ってくるだろうなあ。。。

楽しみだなあ。。。って思います。

カロチノイドだのクロロフィルだの。

ジューンベリー(アメリカザイフリボク)

現在施工中のお庭に植えさせていただいたジューンベリー。

4月に咲く白い花と、6月(ジューン)になる実、そしてこの紅葉も観賞価値に入れると一本で楽しみが多い樹ですね。

ベリーって付くと、育ちすぎて暴れるイメージ?もなんとなくあったり、、ブルーベリーのように株立ち更新型みたいなイメージもありますが、そこそこ樹形もきれいなので、冬の幹姿もいいですね。

そして、この子は「自家受粉」します。一本で結実するって安心ですね。ジャムなども作れますが、熟して来たころだいたいは鳥が食べてしまいます。 「今年も鳥に先を越された」などと言いながら樹と共に歳を重ねるのも悪くないかもしれません。

ちなみに、この葉色は葉の中の“クロロフィル(葉緑素)”が分解されだすとカロチノイドの黄色が目立ってくるそう。赤はアントシアニン。

カタカナになったとたんに、全部どこかで聞いたことある言葉だけど、すごく身近な存在だけど、遠い世界のものみたい。

※せっかくNHK趣味の園芸の庭木記事を書かせていただいているので、時々は木の事も書いていきたいと思います。

DIYにも便利な道具紹介

先日ガーデン&ガーデンさんの記事で、DIYの撮影を行いました。

この時は、左の“スコヤ”をご紹介させていただきました。

直角がポイントなのですが、さしがねよりも引っ掛かりがしっかりしているのと、これは小さいことが特徴で、合板等、面の木材よりも2×4等板状の素材が多い場合、取り回しが楽な分、使いやすいです。

でも、2×4といえば右の定規がやはり便利、スコヤで90の板に二か所ビス穴を印す時は2㎝と7㎝のところにチョン、チョンとマークしますが、こいつは置いたとたんに穴の位置が出ている。

最近ではあまりホームセンターでも売っていないが、隠れた優れもの。フェンスなどで数が多いときは特に必須アイテムですね。

ネットで購入する場合は 「2×4定規」で検索してみてくださいね。

※メーカーのまわし物ではありません。(;’∀’) 使った感想です。

セミナーや講習会について。

10年前は考えられなかった事ですが、最近セミナーや講習会を行わせていただく機会が増えてきました。最初はかなりびびっていて、及び腰でしたが業界の先輩たちから、活きた言葉を色々と教えてもらえてきた自分にとって、うまいへたは別として・・・その感動体験を共有できる事はいいことだと思い始めています。

・植栽エリアの作り方 植栽のコツ

・植物の話(全般)

・テイストってなに?

・ローメンテのキーアイテム「低木」の話

・ガーデンショーの楽しみ方

・空間を魅せる10のコツ

・メンテナンスで作る庭

・私だけの庭づくり

依頼を受けて、こんな感じのメニューで行ってまいりました。今見るとタイトルの付け方に工夫が必要ですね((^-^; この他、緑化フェアの際に行ったワークショップなどは色の話からパステルを使って塗り絵方式で「マスで考える植栽」など好評でした。これからは自分でお庭を作りたい方や、寄せ植えはうまくできるのに、広い植栽になると難しいと思う方などへお話しする機会があればいいなあ。と勝手に思っています。 メニューのご相談も含めて何か機会がありましたらお気軽にお声がけください(‘◇’)ゞ

植えて一か月後の滝山ナチュラルガーデン

ナチュラルガーデン(道の駅滝山)

先月末に、コミュニティガーデナー(地域ボランティアさん)達と一緒に植えたガーデンの植物の様子を見に行ってきました。植物が枯れる可能性が最も高いのは、植えて一か月と思ってください。環境の代わり端が一番植物へのストレスも大きいし、根も張っていないですからね。

エキナセアの黒芯は残したいような、株に力をつけさせたいような。。。

コミュニティガーデナーの方々の優秀な管理で植物は活き活きしていました。この広いガーデンを考えると、雑草が一番の問題。次回の集まりの際には皆で手を入れるようですね。

アナベルの花柄は茶色いのだけ取ろうか。このあたりも美的感覚の分かれ目。

二週間ぐらい前に見に行ったときはロシアンセージが少しいじけ気味だったけど、かなり回復して良い状態に。こうなってくれば、足したり引いたり移したり。庭いじりが楽しくなってくるところ。でも、ナチュラルガーデンの完成は基本3年目の春。

バーベナ バンプトン

計画マップには主要植物しか入れていないけど、このバーベナバンプトンとか抜群に良い素材だなって^^ ガーデンにおけるフィラフラワー的存在。

白い稲が「雪遊び」

この稲もやはり格好いい。もっと、2mぐらいの帯でダイナミックに群植するべきだったと反省・・・

緑化フェアは9月16日からですが、サテライト会場の「道の駅滝山」ではすでにこの辺りの植栽は見ることができます。でも、ナチュラルガーデンは2019年の春に見てほしい!!

 

3年後の様子。

3年ほど前につくらせていただいたお客様のお庭へお伺い。ジャンクテイストの門柱やサイクルポートに対して、植物の成長も追い付いてきていました。(^^

これだけ素材に変化があると、緑のボリュームが出てきた方が圧倒的に良くなりますね!樹木は珍しく、「オリーブ」と「ナナミノキ」常緑ペアです。