道の駅・ボランティアガーデンの秋

滝山ナチュラルガーデン

昨年のはちおうじ緑化フェアにあわせて、ボランティアさんと活動している東京で唯一の道の駅に作らせていただいたナチュラルガーデン。本日も皆様とすがすがしい気候の中、春の準備として球根の植込みや手入れを行ってきました。写真の奥のピンクの固まりはミューレンベルギアの穂。手前のピンクはゴミ袋。(作業中の写真なので、ご勘弁)作業中、ここを歩くのを楽しみにしていただいている方がいるという話も聞いて俄然やる気が出ます。アリウムギガンチュームを20球とか植えたので、来年の春はぜひ道の駅滝山にいらしてくださいね。

パニカムチョコラータの見事な紅葉

ここのガーデンの特徴は、花の力というより葉の力?ナチュラルな植物セレクトで一般的なボランティア植栽とは違い、野の趣の美しさを追っています。今日思わず声が出たのは写真のパニカムの紅葉。これなら多くの人が感じてくれそうな“草の美しさ”

ユーパトリウムチョコレート

 

朝日の美しさに対して、言うなれば今は黄昏時の美しさ。ユーパトリウムの枯れ行く姿もそんな気持ちで見ると、とても素敵。色合いを分析しても実際に美しさの理由がたくさん。

ケストティグマ・プルンバギノイデス

 

紅葉って言うと、もみじとか思い浮かべると思いますが、こんな15㎝程の草花?正確には低木かな。これも紅葉です。名前は「ルリマツリモドキ」もどきって可哀そう・・・って思っていたら、学名も「プルンバギノイデス」プルンバゴとはルリマツリ。つまり、ルリマツリっぽいやつって学名。うーん可哀そう。

ミューレンベルギアの白穂

 

ちなみに穂の美しさから今年あちこちに出回って、名前を覚えた人もおおいであろう、ミューレンベルギア。しかし、ピンクはかなり出ているけど、白は珍しいでしょう?遅いと聞いていたけど、ピンクより一ヶ月くらい遅れてやっと穂が広がり始めた感じ。

カラスバセンリョウ

 

本業のお庭づくりの仕入れも昨日まわれました。このセンリョウとかすごくシックで綺麗だったな。青銀の葉と相性が良さそう。この仕事はパソコンと向き合ったり、石と格闘したり、色々な事をやるけど、やはり植物達と仕事するとなんだか気分があがりますね(*^^*)

日比谷ガーデニングショー

作業風景

10月は生徒達のガーデンコンテストへの挑戦があり、担当講師でもあるので、仕事と同時進行で過密スケジュールとなりました。今の私の歳は、徐々に頭が固くなってくる歳。そんな中で学生と話をする事で、私も多くのものをもらっています。例えば、時として庭に「見立て」は大切ですが、写真の通り、今回の作品は「庭を湖に見立てた作品」これは学生のみんなでないとなかなか出ない発想!色んなガーデンショーが20回とかになり、さすがに以前見たことあるような、作品が多くなりがちですが、静と舟で湖に見立てるというのは見た事なかったです。これ、もっと広いサイズで作らせてあげたかったな。広い草の「間」を取らせてあげたかった。でも、見事「優秀賞・デザイン賞」を獲得しました。みんなおめでとう!辛さも笑顔に変えて頑張る姿は素敵でした。キラキラしてました。

ひねもすのたり

そして、お伺いなどお待たせしてしまっている皆様ごめんなさい🙇 確実に一歩一歩進めていく所存です。

花コミュニケーションとかち2018

少しだけ遅れて春の見ごろが来る北海道にて花盛りの今、明日6月9日より「花コミュニケーションとかち2018」が開催されます。期間中は親子で参加のハンギングバスケットの講習会(参加費・資材・花代全て無料!)など実行委員、地域、主催者の花に対する想いを感じるイベントになっています。場所は帯広市のとかちプラザ南公園となります。そして、、せんえつながらアトリエ朴のデザイナーとして10日にトークショーにお呼びいただいております。

北海道はガーデンの本場ながら、親子に向けたイベントも積極的で、関東でも若い世代の方々へ花や庭の素敵さ、楽しさをもっと知っていただく事をどんどん行っていきたいですね! 庭や植物はスマホゲームより、絶対人の心を、豊かにしてくれます。

 

国際バラとガーデニングショウ

体験ゾーン

国際バラとガーデニングショウにて、コンテストガーデンの一番大きいお庭2個分ほどの、庭の中でワークショップもできる空間を作らせていただきました。これまでガーデンショウと言えば“憧れ”を表現した展示イベントでした。でも、これからのショウはここでしか体験できないような事を楽しんでいただき、生活の中でお庭をより楽しんでいただこうという試みです。

写真は唐津攝子さんの洋種ヤマゴボウのリース

中にはワークショップゾーンも設け、大阪の唐津さん、京都の村田さんに先生として来てもらい、特別プログラムを行いました。ご存知ピースオブマインドの加藤さんにもご協力いただけて、ワークショップは大盛り上がりです。なんと、全日全メニュー満席!ありがとうございました。

職人さんによるレンガ積み体験

レンガ積み、平板敷き、フェンスの張り方と、様々な庭造りのメニューも常時体験できるコーナーを、技術力のあるユピテルさん、涼仙さん、芯光庭苑さん、佐瀬さんなどにご協力いただき、企画しました。レンガ積みが一番人気でしたね!

フレームハウス

今回のデザインは、家の中をイメージしたフレームハウス?鉄骨の細い物で繊細に作り、屋内の安心感ある外空間を考えました。プロカメラマンの坂本さんに「内の者と外の者を極端に分けないような、やわらかい流れを感じるデザイン」と評していただいたのがとても嬉しかったです。

テイストは、インダストリアルを女性の好みに近づけたら?って。

軽量ブロックを半分にカットして、白目地にし、馬積みにすることで、ブロックとは異なる表情にし、水切りなんているわけないのに色のバランスをとりたくてあえて入れてみました。だれからも突っ込まれず・・・違和感なく、はまってしまっていたみたい。

作りたかった空間を表してくれていた写真

この素敵な笑顔、実は開催中のドームのど真ん中。フレームがあって緑が優しく障りになってくれているだけで、すごく落ち着く空間になっていたんです! 来場者からいただけた言葉は光栄な嬉しいものばかりで、このコーナーを支えてくれた多くの方々、お庭づくりを私たちの都合なのに、お待ちいただけたお客様にも感謝。ギアを一段アップしてお庭づくりを楽しみながら頑張ります!

国際バラとガーデニングショウ2018

ここ10年以上、普通のGWは過ごしておらず、考えようによってはエキサイティングなゴールデンウィークを過ごさせていただいております。もちろん、業界の中ではかなり大きなイベントである、国際バラとガーデニングショウの準備に打ち込むためです。 今年、お庭のDIYの本も出版させていただいた事もあり、昔ホームセンターに勤めていた事もあり、、、こうゆうイベントの中で、自分の役割は、今までお庭をさほど楽しんで来られなかった方、戸建てを買われた若い方に、「お庭って楽しいですよ!」って伝えるのが自分の役目だと思っています。そして、今年は「体験コーナー」を主催者さまよりご依頼いただき、「フェンスづくり」や、「平板敷き」、「植栽」「レンガ」が体験でき、さらには、お庭の中で、ナチュラルリースづくり、ピクチャーガーデン、剪定ばさみをしまうレザーケースづくりなどのワークショップ、特別プログラムも凄い方々のメニューで行います。開催は5月18日~23日となっています。日程の合う方はぜひお越しください(*‘∀‘)

ご報告:先月見に行った八王子ボランティアさんとのナチュラルガーデンも春らしくなってきていました^^

その後のナチュラルガーデン

期待感しかない

昨年八王子で行われた緑化フェアの際にボランティアさんと作ったナチュラルガーデン。皆も集まるとの事で、久しぶりに行ってきました。気温と共にそれぞれの宿根草たちが芽を吹き始めています。唯一、ユーフォルビアのパープレアだけが1月の記録的な低温時にやられてしまったようですが、他の子たちは頼もしい限りです。日なたに植えた真ん中の段の一番左の写真の子「マウンテンミント」に至っては早くも増えすぎるだろうなあ・・・と逆の心配をするばかり。

 

ボランティアさんたちの手による除草

フェアのサテライト会場として多分一番地味だった植栽。でも、ぜひ今年の5月を見て欲しい。皆で草をとりながらわくわくしながら小さな芽を楽しみました。とにかく、これからどんどん美しくなります!

道の駅の仲間皆を代表して、市長からいただいた感謝状

ここから一ヶ月は、毎日眺めに行っても飽きない時季なんだけどなあ・・・ 少し遠いなあ。

管理の楽なお庭へ~メンテナンスはしないつもりで~

5.管理の楽なお庭へ~メンテナンスはしないつもりで~

ナチュラル感は残して植栽面積を減らす例

最後の章は、どうすれば施主にとって良い空間になりやすいかを15年ほど考え続けてきて思う事を書かせていただきます。それは、庭計画の際にメンテナンス頻度は自分ができると思っている量の1/4ぐらいで計画した方がうまくいくという事です。緑の良さを知っている、好きという事と、メンテナンスができるという事はイコールではありません。子供さんが小さければ家事や育児でも大変だし、旦那さんも仕事が大変だったり、庭作業があまり好きではないかもしれません。人は歳もとっていきます。緑が感じられることは人生を豊かにしてくれますが、ポイントを抑えて庭をずっと好きでいられる空間にしましょう!

a) メンテナンスが少なくて済む庭とは

雑草は裸地の面積がポイントです。上の写真のように、物理的に土の面積を減らすことは効果的です。緑の量は樹木で補えばいいと思います。そして、雑草は生えるものだと思ってください。その時に、フォーマルな庭だと雑草が生えるだけで気になりますが、カジュアルな庭はそれも空間の持つ魅力の一部にさえなってくれます。整形式のきちっとしたお庭をデザインするというよりも、庭を屋外なりの居心地の良い場所にすると思った方が庭と楽に付き合えます。芝生を例にとると、いつもゴルフ場のグリーンようにピシッとした長さにして、雑草を許さないように管理しようとしたらグリーンキーパーが必要?です。でも、公園のように低い緑の地面ならいいって思えばクローバーが映えてきてもムキになる事もないし、たまーに雑草と芝をまとめて草刈り機で刈れば時間も早く済みます。森の中に庭を作ったつもりで、自然なウッドランドを作って、安定したデッキだけ広くつくる事もお勧めです。

b)華やかさと安定は反比例

成長もゆっくりな常緑低木「斑入りヤブコウジ」

家を買ったとき、緑へのあこがれというよりも女性なら花へのあこがれも持っていると想います。でも、華やかさを追いすぎると1年草の割合が増えて植え替えが多く必要になります。華やかにしたい→美しくしたいに転換できるとカラーリーフなどローメンテナンスな植物を使ってでも庭を美しくすることができます。あと、綺麗でもはびこる植物は枠の中でしか使わない、樹木・低木をうまく使う。このあたりもポイントになります。樹木も、刈込だと少し徒長枝(ぴょんと育った枝)が出るだけで、乱れた感じになるけど、自然樹形は、少し伸びても目立たないです。

また、庭の構成比率で植栽はレンガなどに比べてローコストです。庭が広い場合、コスト面から植栽をうまく使う必要も出てきます。そんなときは、環境に合った植物で、ローメンテナンスな植物をできるだけ群で使うように植えます。(植物が違えば成長スピードの違いでまめな手入れが必要になります)

群植のホスタの例

c)ポイントのおさらい

・雑草の生えそうな日なたの裸地がどのくらい残るか?

・雑草に寛大な庭の雰囲気か、雑草が目立つ庭か?

・環境に合った植物かどうか?ローメンテの植物の割合はどのくらいか?

・メンテナンスを自分でやるか人に頼むか?

メンテを頼む事ができれば、多少お金がかかってもこれも一つの手だと思います。旦那さんが仕事で1日いくら稼いでくるか考えると、無理にけんかして剪定をやってもらうより、外で得意な事で稼いでもらってきた方が得かもしれません。雑草取りもこの先の作業日数を考えたら安定エリアの割合を増やす検討も大切になります。植栽時の植物選びも含めてじっくり考えてみてください。管理を楽にすることはすごく大切な事だと思います。

入学後6ヶ月の作品

 

ぼくのゆめにわ~sense of wonder~

 

ぼくのゆめにわ ~SENSE OF WONDER~

ぼくはうちゅうがだいすき!

アンドロメダ、ペルセウス、ミルキーウェイ・・・

大きくなったらぜったいにいくんだ!

少年の想いはついに秘密基地と共に部屋を飛び出した。

昼は大空を眺め、夜は星空に思いを馳せる。

そんな自由な空間があってもいい。

そして足元に広がる自然の中で、驚きや喜びを感じもっとわくわくしよう。

小さな少年の大きな願いは未来へとつながっていく。

SNSやゲームに時間を費やしがちなこれからの子供たちへ。

 

 

今年からE&Gアカデミー(庭とエクステリアの専門学校)の講師を1か月に1回程度で、行っています。6月からコンセプト出しを行ってきて、10月から本格的に動き出し、先週の1週間で作品を1から生徒達が完成させました。現在行われている日比谷公園ガーデニングショーに展示されています。そして、なんとライフスタイル部門2位をいただきました。

先週の月曜日には雨の中、シートを張って、木材を焼いたりエイジングからスタートです。(料理と一緒で下ごしらえが大切)

八王子のグリーンギャラリーガーデンズさんの本社作業場をお借りした制作風景。丸鋸も、インパクトももちろん塗装も全て生徒たちが行っています。プランだって、8割生徒、2割は先生たちとディスカッション。「この案だと、こうゆうメリットがあるけど、こうゆうデメリットもある。どうする?」みたいな。

壁の小さい穴は銀河を表し、北斗七星も。

学生の魅力はなんといっても、自由な発想力。プロには到底思いつけないアイディアが満載です。

手先が器用な子。どんどん、挑戦できる勢いのある子、一歩引いて、足りない役割を見つけてフォローできる子、十人十色の良い個性。

人数がいるという事は、細かい事をやる時間もとれたりして、自分のガーデンショーではなかなかここまでできない。ある意味かなりレベルの高い作品になっています。

そして、自分の所属するボタニアンというチームでもモデルガーデンを制作しております。

日常の中のおもてなしを表現 OPEN-HEART

盛大でなくとも、相手を想う美しいおもてなしを、あえて身近な竹やグラスといった植物を使って表現しています。

29日15時まで展示されていますので、日比谷公園に足をお運びください。

そして、雨続きという事もありましたが、このために製作途中で、お伺いをストップさせていただいてしまったお客様、本当に申し訳ありませんでした。

畑がレストラン

日常の中にある美

八王子全国都市緑化フェアもいよいよ明日が最終日となります。

先週は「畑がレストラン」という東部地区のイベントにお伺いさせていただきました。

畑の横の牛舎でいただく料理

もともとは牛舎だった場所を何度もきれいに掃除して、一流レストランのシェフが畑で採れた野菜などを使いながら最高の食事でもてなしてくれました。

畑の中で皆と採れたての野菜を使った料理をいただく。素朴でいながら贅沢な時間。

企画された吉田さんご兄弟、JAG正岡会長、吉谷さんご夫妻、保立さんもお見えでした。

自分が所属する「ボタニアン」という緑の可能性を考え、試みるチームで、10月21日から日比谷公園で開催されるガーデニングショーの「おもてなしガーデン」を制作致します。

ここでもオリンピックに向けて?という意味もあり「おもてなし」をテーマに計画を進めていますが、今回のこの「畑がレストラン」にはヒントがぎっしり詰まっていました。

ボタニアンで今回挑む「おもてなしガーデン」のタイトルはopen-heart  ハレとケの「ケ」。

身近な物を用いて、盛大でなくとも相手を想い、受け入れる美しくて尊いおもてなしの心を30M超えのサイズで表現します。

日比谷公園ガーデニングショーは10月21日開催です。今回はモデルガーデンの他に、月に一度くらいでひっそり講師を務めているE&Gアカデミーの生徒さんの作品(必見!)や身近な仲間たちの力作もライフスタイル部門に登場致します。

アクセスの良い場所での「無料」のガーデニングショーですのでご都合の合う方はぜひいらしてください。

植えて一か月後の滝山ナチュラルガーデン

ナチュラルガーデン(道の駅滝山)

先月末に、コミュニティガーデナー(地域ボランティアさん)達と一緒に植えたガーデンの植物の様子を見に行ってきました。植物が枯れる可能性が最も高いのは、植えて一か月と思ってください。環境の代わり端が一番植物へのストレスも大きいし、根も張っていないですからね。

エキナセアの黒芯は残したいような、株に力をつけさせたいような。。。

コミュニティガーデナーの方々の優秀な管理で植物は活き活きしていました。この広いガーデンを考えると、雑草が一番の問題。次回の集まりの際には皆で手を入れるようですね。

アナベルの花柄は茶色いのだけ取ろうか。このあたりも美的感覚の分かれ目。

二週間ぐらい前に見に行ったときはロシアンセージが少しいじけ気味だったけど、かなり回復して良い状態に。こうなってくれば、足したり引いたり移したり。庭いじりが楽しくなってくるところ。でも、ナチュラルガーデンの完成は基本3年目の春。

バーベナ バンプトン

計画マップには主要植物しか入れていないけど、このバーベナバンプトンとか抜群に良い素材だなって^^ ガーデンにおけるフィラフラワー的存在。

白い稲が「雪遊び」

この稲もやはり格好いい。もっと、2mぐらいの帯でダイナミックに群植するべきだったと反省・・・

緑化フェアは9月16日からですが、サテライト会場の「道の駅滝山」ではすでにこの辺りの植栽は見ることができます。でも、ナチュラルガーデンは2019年の春に見てほしい!!

 

一般の方もご参加いただけます

埼玉グリーンアドバイザーの会主催の研修会の詳細が決まりました。今回は、学んできた中で特に大切だったことと、現場紹介を中心にお話しさせていただきます。70名だと空席だらけになると思うので、タイミングの合う方は研修会に参加してみませんか?GA埼玉にご興味のある方もぜひ!

「私だけのガーデン創り」

■日時 2017年9月5日(火)18:30~20:00

■場所 浦和コミュニティセンター 第14集会室 浦和駅東口より徒歩1分 浦和パルコ10F

■参加費 一般1000円

■定員 70名

■申し込み方法 氏名・連絡先をご記入の上、FAX 048-864-2355

■問い合わせ 埼玉グリーンアドバイザーの会 事務局048-864-2311

コミュニティーガーデナーさん達と作るナチュラルガーデン

春から西武ドームの準備と同時進行ではちおうじ全国都市緑化フェアでのナチュラルガーデンの計画を進めてきていました。

場所は東京で唯一の道の駅、そして道の駅として日本一の売り上げを誇る道の駅滝山。

できることならアプローチは八王子市内で不要になったグレーチングとか、木製の電柱を使うとかサスティナブル+ナチュラルガーデンにしたかったけれど、結果的に八王子で伐採された丸太を大丈夫な方の防腐剤を注入して使用しました。

どれだけ持つか実験的だけど、この丸太のアプローチもリズムがなかなか面白いですね。

植物選びは、緑化フェアのイベントとしての側面からはわかりやすい「華やかさ」が求められていると感じながらも中途半端にならぬようナチュラルガーデンの美しさを求めることに徹しました。

次の次の春は美しさがはっきりわかる植栽になっていると思います。

いよいよ緑化フェアは9/15日からとなります。

フェアは待ち遠しいし、たのしみだけど。

回数を重ねてきたので色々人柄など知ることができたので、コミュニティーガーデナーさん達との別れは少し寂しい気持ちがします。