腰かけても眺めても

限られたスペースだからこそ、ベンチという主役をおいています。

 写真を見る

広さを利用した庭

広いので、フェンスとアプローチでエリアの性格を分けました。

 写真を見る

8mのパーゴラ

目隠しを兼ねたパーゴラの壁面はポリカで光だけ通しています。

 写真を見る

ラスティック・モダン

錆びた水栓柱などのテイストをきれいに飾ってくれる装飾の先生。

 写真を見る

はじめての戸建て・はじめての庭

 

ほとんどの方は、家は一生に一度買うか買わないものだと思います。

そんなはじめての庭は、屋内のような効率よい定番の形がありません。

なぜなら庭に求めるものは人によって、家から眺める緑の風景だったり、菜園だったり、ゴルフの練習場だったり、様々だからです。

ご家族にとってどんな庭がライフスタイルにあった、自分たちに価値ある空間になるか?ここの探求はものすごく大切なんです。

せっかく手に入れた自由にできる自分の空間なので、家族にとって価値ある空間になるよう、しっかり計画をしましょう。

お庭の計画の立て方

1. お悩みを解決編 

ぬかるむ 

落ち着かない 

植物育たない

雑草で大変

2. ライフスタイルから

趣味を楽しむ空間づくり

お勧めのガーデンライフ

3. テイストの統一

庭は見た目で好きになる

様々なテイスト

4.   植物選び

植栽計画

樹木選び

低木選び

下草選び

5. 管理の楽なお庭へ

メンテナンスはしないつもりで 

施工例は以降の記事をご覧ください。