人・庭・小屋

荒材は塗装だけでも大変!

今年の春過ぎたあたりから打ち合わせに「小屋」というワードがたびたび出てきました。これはある意味嬉しい事です。お庭って「家」と比べて様々な価値観があると思うんです。だって庭の無い家だってたっくさん成立しているわけですから、ある意味無くてもいい空間なんです。でも、住人にとって価値ある空間になっていれば人生を豊かにしてくれる場所でもあります。あたりまえだけど、人の数だけ価値観があり、趣味も生き方も、大切な物も、大切な時間も人それぞれ。

塗装よりマスキングが大変?

何が言いたいかって、右向け右ではなくて趣味嗜好、ライフスタイルが自分の居場所に表現できていた方が豊かになる。そして、その価値観が表れやすいのが「小屋」なんじゃないかって。プラスアルファの空間だからこそ、趣味の空間にできる! イギリスでは1000ポンドの賞金が出る「小屋コンテスト」が開催されているらしいです。きっとこれは「小屋コンテスト」でありながら、ライフスタイルコンテストであり、幸せの価値観コンテストなんだろうなって思う。あんな暮らし方いいねって「憧れ」が生まれ、「幸せ」も増えていく。日本でもこれからの本当の豊かさを追う意味でも「小屋のある庭」コンテストを開催して欲しい、っていうかできないかな? ある程度コンセプトとアイディア勝負になるように小屋の材料費30万以内とか縛りを設けてやったら面白い作品、提案たくさん出そう!誰か15組に小屋の制作補助金30万円と、賞金の500万円くらいで、1000万くらい?用意できる人いないかな?アウトドアの企業さんとかぜひ。メリットは、人々の幸せをつくるきっかけが作れる事?

ガーデナーでイラストレーターの大野八生さんの使われている小屋

 

色々調べるために展示場もまわりましたが、キットでもだいぶ面白い小屋ありますね。写真のサンハウスは、高広木材さんが輸入されている小屋で、会社の前に小さなお庭があり、小さくても深みがあって、木の管理の仕方とかも凄く共感が持てたので、どなたの管理か尋ねたら、著名な大野さんの管理でした。凄く素敵な空間でした。小屋の中もリアルに庭の手入れ道具などがあり、良い時間が過ごせそうな、豊かな空間でした。

人の価値観を抽象化したような存在が小屋であり、庭も様式にとらわれず「人」ありきで豊かな空間であって欲しい。この先、庭に小屋が増えて、織物する人もいれば、革細工する人もいたり、小説家の仕事部屋だったとしても面白い。小屋や庭がいろんな豊かな時間を感じる象徴になればと感じます。来年は5~10個ぐらい小屋の制作に携わりたいな!

 

night garden.

光の実験

意識が変わったのは事務所を森に引っ越しさせてもらってからだと思います。昔は、ガーデンライトよりランタンとかキャンドルの方がロマンチックに感じて?好きでした。ところが最近は二軒に一回はガーデンライトを提案させていただいている気がします。森は電気が無いと本当に真っ暗。そして電気があちこちに着き始めるとなんか安心感が生まれて良い感じになるんです。そして最近はLEDなども性能があがり安くて雰囲気良くて安心な製品が増えた事も追い風です。そして勝手な自分の成功比率、自然85%人工物15%の景色づくりでも、植栽の中にライトのガワはちょうどよい主張加減。和の美しい庭の灯篭みたいな感じ。実は今お伺いさせていただいているお庭も、1.2.3.4.5?5個のライティングで夜が楽しみな庭になる予定です。最近では下手したら冬のガーデンは夜がメインなのかなって思うぐらいです。落葉樹の幹や枝のラインも美しいって夜の影の方が気づきやすい気がします。

穴のあけ方試行錯誤

鉄板もレーザー加工できるので、ライトのシェードを模索中ですが、まずは紙で光の出方をチェック。アップライト的に樹木の葉を照らして欲しいけど、上から見てまぶしすぎてもちょっと嫌だ。そんなこんなで、試行錯誤は続きます。先日作ったハンモック用ポール(ライト・水栓付)は格好良くできたけど、今回はあんまり洋風に見せたくないシーンで使うものを考えています。そう枝豆庵で渋く光るようなもの。

お問合せいただけている方をお待たせしてしまう傾向にあり、心苦しい日々で気づけば今年もあと2週間。着実に仕事も進んでいるけど、お待たせ具合も申し訳ない想いでいっぱいです。ただ、変なあわて方をしないよう、ひとつひとつ良い空間作っていけるよう進めてまいります。

空間は細部で決まる

ドイツ製アイアン補修用塗料塗装後

空間全体はナチュラルだけど、機能で選んだドアノブやポストのステンカラーが少し浮いて見えるってことがたまにあります。そんな時このドイツ製のアイアン用補修塗料を塗ってあげると鋳物のようなざらつき感がでて、ぐっと良い感じに。砂みたいななにか入っているみたい。

笠木に塗っても雰囲気良い

実は、定着錆の色合いに近づけるために黒に同じ塗料の違う色を一定量混ぜています。この補修用塗料を今準備させていただいている、ポールなどに贅沢に「仕上げ」として使用しています!

タープ用ポールや、ライト・蛇口付ハンモックポールなどなど

準備が大変であるほどに、現場での設置の楽しみ、期待感は嫌でも膨らみます^^

ポスト・インターフォン・表札付き門扉

ポスト・インターフォン・表札付き門扉

「機能門柱」って言葉聞いた事ありますか?昔は家を塀で囲って、塀にインターフォンやら表札やら付けて、門扉がある。っていうエクステリアが多かったですが、最近は囲わずにオープンなスタイルが増えていますよね。玄関ドアの機能の向上やらコストやらスタイルの変化やらいろいろな事があるのですが、そういったオープンの際に、門扉も意味をなさないので、柱を建てて、そこに表札やインターフォン、ポストなどの「機能」を集約するものです。

今回は旗竿地といった条件の間口でも立派な建物に似合う大き目の門扉を入れたかったので、親子門扉の「子」の方に機能を持たせるスタイルをデザインさせていただきました。施主様のアイディアで、ポストのボックスで中に開きにくい「子」は外に開く作りです。これって結構すごい。

生活に「庭」があると豊かになれると思っています。そしてアプローチでありながら、ここは施主様の大切なお庭。はじめから終わりまで、ずっとそのことを考えていました。四季の移ろい、新芽の喜び、結実。。心躍る要素は庭の中にたくさんあります。リビングの前だと、気付いたら1ヶ月庭に出てないって事もあるかもしれないけど、この庭は毎日必ず通るというメリットさえあります。今後生活の中で、ふと植物の変化に気づいて笑顔になってくれたら本当にうれしい。

アプローチ<ガーデン空間

今回の門扉製作を行ってくれたのはイヌイフュージョンさん。以前、鉄で大変な思いをしてバラを作って、それをあっさり「あげますよ」ってくれた、スキル向上のためにあんな大変な物作っていたのか・・・・って驚かせてくれた熱い職人さんのいる会社。

重い扉を支える地下の技術にも注目

国際バラとガーデニングショーのおわり

2014年にデザイン・制作を担った特別企画「赤毛のアンの庭」

すでにSNS等で情報として、ご存知の方も多いと思いますが、国際バラとガーデニングショウが終わりました。20年で幕引きという形です。始まったころ私は庭の仕事はしていませんでした。植物の仕事をしています。少しして、仕事の絡みもあるので見に行ったりしたときに、コンテストガーデンで素敵なお庭に出逢います。ラッキーなことにそこにデザイナーの方がいて、色々教えてくれました。オリジナル製品の材料やノウハウ迄教えてくれました。

普通なら企業秘密にするところを、なんでキラキラした表情で教えてくれるんだろう??そのデザイナーの懐の大きさでもあり、ものづくり業界の懐の大きさでもあると思うのですが、驚きと共にあこがれが生まれました。

その1年後、あろうことか、花屋に毛が生えたぐらいだったのに、勢いで自分もコンテストガーデンに参加してしまいます。

はじめてドームに作った作品

結果は・・・惨敗?当たり前? 参加賞みたいなものです。

その後作品を作っていくことで、自分の好みと、好きと言ってくれる人がある程度いる雰囲気の接点を探すべく、幾度とチャレンジします。その中で美しいとか、わかりにくいとか、広く見えるとか、ストーリーがあるとか、テイストがどうとか、色々学びました。

自分の好みはグレイッシュトーンでした

仕事で付き合いのできる仲間との出会いもここが多かったし、この会場で先輩たちとの交流が持てました。まだまだひよっこですが、たぶん自分の人生を語る上でここ無しでは語れないと思います。(転職のきっかけでもありましたしね)

念願の国土交通大臣賞(大賞!)

力を抜いて挑めた作品では仲間の協力もあり、大賞を受賞することができました。連続テレビドラマ小説のさなかに、赤毛のアンの庭もつくり、、、、

今年のワークショップ会場にもできた作品

 

今年は作品づくりと共に、ワークショップの企画や、コンテストガーデンの審査員も務めさせていただきました。

お庭を好きになる人、植物を好きになる人を増やしたいって思いをぶつける良い場所でしたが、今年で終わりとなりました。

 

色々な出会いを提供してくれた場所なので、感慨深いものもありますが、不思議と後ろ向きな思いはあまりありません。

業界として何か次のステップに行くきっかけのような気もするし、何より毎日の仕事の中で残るお庭を作らせていただいているので、これを見てうちもお庭に木を植えたいとか、ベンチ置いてみようかなとか思ってくれる人が増えれば凄くやりがいのある仕事、毎日の使い方として幸せに思います。そうなるよう日々頑張って行きたいと思っています。

国際バラとガーデニングショウを作ってこられた皆様、1週間だけの展示のために300万とか自腹を切りながらお庭を作り、展示されてきた皆様、販売で盛り上げてくれた皆様、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。次は若い人たちに、植物の良さをしってもらうための活動?具体的にみんなで考えたいですね!

長生きの秘訣

本日のボランティアさん達とのナチュラルガーデンの様子

今日も東京で唯一の道の駅「滝山」敷地内にボランティアさん達と作ったナチュラルガーデンの手入れなどに伺いました。モミジの紅葉と、パニカムなどグラスの枯れ姿が美しかったです。今年の夏は日照りで、宿根草など結構つらそうにしていましたが、この2か月で、ずいぶん力を取り戻した印象です。

フェンネルも株に底力が付いたよう

オルラヤ等のタネもだいぶこぼれていて、春すごいだろうなあ・・・・ってところにさらに早春の楽しみとして原種の水仙をしこんだり、なんとプシュキニアを400球!!これは春が楽しみだ。

小球根をたくさん植えるとき穴空けるの大変だから今日は重ーい鉄の山菜堀でずぼずぼ穴を空けてころころ球根を入れて、さっさと土をかぶせて行きました。

たぶんだけどターシャが長生きしたのは、球根を仕込んだり、秋の紅葉が楽しみだったり、ガーデンを通して未来への期待が常にあったからじゃないかな。。。。

 

アイデンティティ

昨日は、お庭のビフォアー、アフター的な番組の収録がありましたが、収録チームの皆様を困らせてしまいました。

私は、昔からどもりというか、吃音で特に特定の音をうまく発せなくなってしまう事があります。昨日は趣(おもむき)といった言葉の最初の“お”がどうしもうまく出ないのです。ヤバイ、ヤバイと思えば思うほどその言葉になる前に力んでしまい、なおさら出なくなってしまいます。普段の会話では普通に言える事の方が多いのですが、心理的な事も影響するのかもしれません。

小学生の時、国語の音読の順番が回ってくるのがすごく嫌でした。教室の前から二番目の廊下側の端の席。ここで、ずっと音が出ずに苦しんだ記憶もふっと思い出された日でした。

でも、その時と違う事は、今私は、うまく話す事を期待されてここにいるわけではなく、視聴者が参考になるようなアイディアやお庭の考え方を提供し、住む方を番組に頼んで良かったと笑顔にするために呼んでいただいている。そのことに全力で挑もう!

不完全な自分の事も受け入れて、もっと愛せるように自分の事も驚かせるようなプランを考えられるよう、自分の価値を示せるよう、頑張ります。

はみ出し者の独立物語

アナベルの大株!

お庭づくりを終えて、1年後とか2年後にお客様と植物の話しをすると「とても好きな植物」と言ってもらえる確率の高いアナベルですが、挿し木もそこそこ簡単なはずなのに、生産に対して売れる量が多いようで、現在、手に入り辛くなってきました。そんな中、こんな大株を特別にGETして植込みです。

ん!?コンテナの水抜き穴から根が出て光が当たって、上を向いて芽も出ている。こんな時、アナベルをコンテナから出して地植えするために、芽を切るか、芽を守るために、コンテナを切断するか悩みます。。。

いつもなら、コンテナを切ろうかというところですが、今日は芽(根)をカット。なぜならはみ出し者でも、きちんと自立した根を持っていたから。(お前なら親に頼らなくてもきっとやっていける)

根付きの脇芽

思いがけない株分けで、小さなアナベル一株多く植える事が出来ました。彼を信じて春を待ちます。

道の駅・ボランティアガーデンの秋

滝山ナチュラルガーデン

昨年のはちおうじ緑化フェアにあわせて、ボランティアさんと活動している東京で唯一の道の駅に作らせていただいたナチュラルガーデン。本日も皆様とすがすがしい気候の中、春の準備として球根の植込みや手入れを行ってきました。写真の奥のピンクの固まりはミューレンベルギアの穂。手前のピンクはゴミ袋。(作業中の写真なので、ご勘弁)作業中、ここを歩くのを楽しみにしていただいている方がいるという話も聞いて俄然やる気が出ます。アリウムギガンチュームを20球とか植えたので、来年の春はぜひ道の駅滝山にいらしてくださいね。

パニカムチョコラータの見事な紅葉

ここのガーデンの特徴は、花の力というより葉の力?ナチュラルな植物セレクトで一般的なボランティア植栽とは違い、野の趣の美しさを追っています。今日思わず声が出たのは写真のパニカムの紅葉。これなら多くの人が感じてくれそうな“草の美しさ”

ユーパトリウムチョコレート

 

朝日の美しさに対して、言うなれば今は黄昏時の美しさ。ユーパトリウムの枯れ行く姿もそんな気持ちで見ると、とても素敵。色合いを分析しても実際に美しさの理由がたくさん。

ケストティグマ・プルンバギノイデス

 

紅葉って言うと、もみじとか思い浮かべると思いますが、こんな15㎝程の草花?正確には低木かな。これも紅葉です。名前は「ルリマツリモドキ」もどきって可哀そう・・・って思っていたら、学名も「プルンバギノイデス」プルンバゴとはルリマツリ。つまり、ルリマツリっぽいやつって学名。うーん可哀そう。

ミューレンベルギアの白穂

 

ちなみに穂の美しさから今年あちこちに出回って、名前を覚えた人もおおいであろう、ミューレンベルギア。しかし、ピンクはかなり出ているけど、白は珍しいでしょう?遅いと聞いていたけど、ピンクより一ヶ月くらい遅れてやっと穂が広がり始めた感じ。

カラスバセンリョウ

 

本業のお庭づくりの仕入れも昨日まわれました。このセンリョウとかすごくシックで綺麗だったな。青銀の葉と相性が良さそう。この仕事はパソコンと向き合ったり、石と格闘したり、色々な事をやるけど、やはり植物達と仕事するとなんだか気分があがりますね(*^^*)

日比谷ガーデニングショー

作業風景

10月は生徒達のガーデンコンテストへの挑戦があり、担当講師でもあるので、仕事と同時進行で過密スケジュールとなりました。今の私の歳は、徐々に頭が固くなってくる歳。そんな中で学生と話をする事で、私も多くのものをもらっています。例えば、時として庭に「見立て」は大切ですが、写真の通り、今回の作品は「庭を湖に見立てた作品」これは学生のみんなでないとなかなか出ない発想!色んなガーデンショーが20回とかになり、さすがに以前見たことあるような、作品が多くなりがちですが、静と舟で湖に見立てるというのは見た事なかったです。これ、もっと広いサイズで作らせてあげたかったな。広い草の「間」を取らせてあげたかった。でも、見事「優秀賞・デザイン賞」を獲得しました。みんなおめでとう!辛さも笑顔に変えて頑張る姿は素敵でした。キラキラしてました。

ひねもすのたり

そして、お伺いなどお待たせしてしまっている皆様ごめんなさい🙇 確実に一歩一歩進めていく所存です。

ハンモックポール試作その2

レーザーカットの特注パーツ

先日のハンモックポールは試作が形になってきたところで、サイズを出してレーザーカットしたパーツを製作。こんなのがいっぱい。これだけでもなんかいい。

アイアン職人さん達との情報交換

ものづくりの中でも、鉄を扱っている人はとにかく気持ちが熱い!メイクさんのワークショップに先日参加しました。技術など教えてもらう以上に、純粋にモノづくりに向かう熱さが伝わりました。鉄と同じように熱って伝わりますね。この日面白かった話は、鉄って熱して叩いて形を作るけど、熱する前にハンマーでたたくだけでもどんどん熱くなって、鉄職人のコンテストでは、実際の作業前にデモンストレーション的に?鉄とハンマーだけで煙草に火をつけるそう!?驚き!

そんなこんなで・・・

ハンモックポール(ライト付)

森に似合うハンモックポールライトです。夜のデッキもいい感じ。ここでコーヒー飲んで思う事は、いつもここの写真撮っているけど、ここの良さは写真だけじゃ絶対伝わらない。なぜなら今、ここにいると、何千、何万って虫達が鳴いている。なのに雑多な不協和音ではなく心地よい自然の音。風の音も、枝が折れて落ちる音も全て。緑や自然の心地よさって目だけじゃなく五感で感じるものなんだなって珈琲飲みながら思う秋の夜でした。タイトルとは裏腹に、鉄職人の話に飛び、ハンモックポールと関係ない着地点。実にアトリエ朴のブログらしい。

ハンモックポール(試作中)

ハンモックポール

お庭の中の高い位置に頼れる“点”があると結構便利。庭でハンモックに揺られるのも豊かな時間。タープを張れば、日除けも簡単に作れる。どうせなら、上から庭をぼんやり照らそう。どうせなら、立水栓も兼ねたら便利かも?などなど考えながら・・・

見た目良く、かつ安全に。

ライトに対して、上が軽く見えるから、S飾りをひとつ入れようか?コッテコテにならないように、シンプルな良さもでるように、100mm以下がいいね!なんて、試行錯誤を重ねて、切ったり付けたり叩いたり、初号機は作られて行きます。

素材は鉄

落ち着いた定着錆になったころ、庭に馴染む「ハンモックポール」完成する予定です。完成したらproducts catalogに掲載しますね!