ハンモックポール試作その2

レーザーカットの特注パーツ

先日のハンモックポールは試作が形になってきたところで、サイズを出してレーザーカットしたパーツを製作。こんなのがいっぱい。これだけでもなんかいい。

アイアン職人さん達との情報交換

ものづくりの中でも、鉄を扱っている人はとにかく気持ちが熱い!メイクさんのワークショップに先日参加しました。技術など教えてもらう以上に、純粋にモノづくりに向かう熱さが伝わりました。鉄と同じように熱って伝わりますね。この日面白かった話は、鉄って熱して叩いて形を作るけど、熱する前にハンマーでたたくだけでもどんどん熱くなって、鉄職人のコンテストでは、実際の作業前にデモンストレーション的に?鉄とハンマーだけで煙草に火をつけるそう!?驚き!

そんなこんなで・・・

ハンモックポール(ライト付)

森に似合うハンモックポールライトです。夜のデッキもいい感じ。ここでコーヒー飲んで思う事は、いつもここの写真撮っているけど、ここの良さは写真だけじゃ絶対伝わらない。なぜなら今、ここにいると、何千、何万って虫達が鳴いている。なのに雑多な不協和音ではなく心地よい自然の音。風の音も、枝が折れて落ちる音も全て。緑や自然の心地よさって目だけじゃなく五感で感じるものなんだなって珈琲飲みながら思う秋の夜でした。タイトルとは裏腹に、鉄職人の話に飛び、ハンモックポールと関係ない着地点。実にアトリエ朴のブログらしい。

滝山ナチュラルガーデンの一年後

滝山ナチュラルガーデン

東京で唯一の道の駅、はちおうじ滝山に昨年、ボランティアさんと作ったナチュラルガーデン!

昨日、自分は専門学校の授業があり、行けなかったのですが、地域の仲間の方々が暑い中手入れをしてくださいました。

ボランティアスタッフの方々は、話していて人間力が高く、教養があり、故にこうゆう事を率先してくれているんだなあと。

そんな方々に先生と言われると萎縮してしまいます。花の名前だけみんなより10個ぐらい多く知っていても、それ以外の事は100も1000も知らない人間なのに。。。

花以外の事を色々みんなに教えてもらいたいな。

ちなみに、こうゆうパブリックガーデンはもっと強い色の魅力で、美しさを出した方が良いのかもしれないけれど、個人的な好みで言うと、こうゆう素朴な美しさ好きなんですよねー。

 

おい、お前!

お前の行いは全て自然のためになっているか?

お前の行動に偽りは微塵もないか?

 

時々、本当に時々、木がこんなふうに見えます。

環境とストレス

事務所の窓からの景色

今年はたまたま色々重なったり、お陰様だったりと2月から休みは無しで頑張らせていただいています。そうは言っても、ふと図面中、床屋に行ったりはしてしまっていますが。

実際忙しくできる事はこの上なくありがたい事ですが、働きづめだとストレスが溜まリそうですよね。

デザインや工事をお待ちいただく事に対する申し訳なさみたいなものは日々感じていますが、毎日仕事する事に対するストレスはたぶん、極めて低いです。その要因の一つが窓からの景色。

ふと顔をあげると緑と光のコントラストがわずかに揺れながら、時には写真のように鳥が覗いていたり。

「どんな環境で過ごすか?」ってとても大切。緑があるってなんでこんなに心に良いんだろう?。そう心から感じているから、緑を植えるこの仕事にやりがいを感じられるのかもしれない。

読み返すと何が言いたいのか良くわからない記事ですが、きっと「緑が大切で、鳥が可愛くて、私は頑張ります。」って内容。

庭がある幸せの感じ方

小型フレームハウス

この1年間ぐらい、色んな方と、色々な場所で話をする中で、すごく気になっている事。それは「庭の使い方・楽しみ方」です。

お庭を作るのは工場で買ってくる大量生産品を買うのとわけが違うので、決して安くないです。でも、お庭を作った全員が思うように楽しめているかというと、そうでもないのかもしれません。そして、楽しんでいる自分を、もっとイメージできるようになればもっとお庭を活用したい、お庭を作りたいという人も増えるはずです。これは私達の仕事である気がしてしょうがないです。そしてそれを行う事は、人として豊かな生活を送る小さな手助けになると、心から思っています。なぜなら、この15年で出逢ってきた「庭の楽しみ方」を知っている方々、庭を楽しんでいる方々はみんなイキイキされて、心にも余裕があり、魅力的な方ばかりでしたもん!

目標:5年以内に「庭の使い方・楽しみ方・幸せの感じ方」の本の出版にかかわる。個人では力不足なので、加盟している協会や、チーム、仲間の力も借りながらでも、どんなかかわり方でもいいから、本を出す。そして、ここからの悪だくみは、この本のネタでyoutuberを育てたいなあ。。まあ、媒体はなんでもいいから、植物の驚きのポイントとか、木の管理とか、美しい瞬間とか、バーベキューのコツとか、手軽な庭の楽しみ方、虫の話、plan do see を繰り返す楽しさまで伝えたいな。

なんて事も考えながら、使う庭では、居場所が大切なので、現場ではガーデンショーで作ったフレームハウスの小型版を作り始めます。「庭を作る」という部分も実は庭の楽しさのひとつ ^^

引き出しを増やす2つの方法

たまーに顔を出して、先生業をやらせてもらっている青山のE&Gアカデミーのお話です。今年も日比谷公園で行われる、「日比谷ガーデニングショー」に生徒たちがエントリーしています。ほとんどの授業は、机上の設計などで、納まりなどプランニングを学びますが、この日比谷ガーデニングショーの授業は、最後考えたプランをちゃんと「形」にします。また、一人の設計ではなくチームでの設計というところも学ぶことの多い授業です。E&Gは中身の濃い1年間を過ごす学校で、卒業時にはプロ顔負けの実力や知識が身に付きます。でも、1年生なので、この日比谷のプランニングを行う時期はまだ入学して2~3か月という状態で挑むしかありません。偉そうな事は何も言えませんが、私が学んでくれたらいいなと思っている事は、考え続ける大切さです。アイディアの引き出しを増やすには、たくさん良い物を見るという方法もありますが、それ以上に大切だと思うのは、たくさん考えるという事だと思います。プランニングを約20人の生徒が10案出したとしても、実際に作られるのはひとつです。199案は無駄になってしまうような気がしますが、全く無駄ではありません。プランニングするときは、どう良く見えるのかを真剣に考えます。この199は全て今後の何かの時に結びつく、アンカーとなります。良く「点」と「点」が結びつくっていうけど、アイディアのアンカーポイントが多ければ多いほど点同士が結びつきやすくなると思うし、今年だけでみても、199の上に立つ1案は、最初から1つだけ考えたプランより、良くなるはずです。

今は情報が無料みたいな時代で、良い物見たければ画像などはいくらでもインターネットで探せますが、ここで見たアイディアは「個性」にはなりません。でも、自分で考えたプランは、考えた人を必ず経由しているので、点を結んでいくとその人の個性にもちゃんとつながります。現場はクライアントが居てはじめて形になる事が多いけど、プランはクライアントが居なくてもいくらでも考えられる。芸人が一生懸命ネタ帳をつくるのと一緒で、「素材の調和アイディア」とか、「テーマのアイディア」とか、今からたっくさんためておくと、ちゃんと個性のあるデザインのできるデザイナーになるんじゃないかな。

なんてこともそうだけど、教えるという事をするようになって、自分自身色々気づいたし、学びました。去年も今年も、生徒と同じぐらい「生徒」やっている気がします。

植栽エリアづくり

植栽エリア制作中

今日は少しだけ暑さが和らいだようでした。(でも暑いです)

今日は植栽エリアを増やすためにコンクリートをハツっています。こうすることで、鉢でしか植栽できなかった場所でも木を植えたり緑を取り入れる事ができるようになります。やはり、ここまで暑かったり、なかなか雨が降らないとコンテナ植栽は水やりが大変ですよね。

ブログ打つぞって決めてから、早30分。 外から帰った頭がぜんぜん働きません。

 

暑さにご注意ください

猛暑が続いておりますが、体調などいかがでしょうか。汗がでなくなったら危険ですので、熱中症などにはくれぐれもお気を付けください。

何年か前にも、20年とか植わっていた街路樹でさえ枯れていくような酷暑がありましたが、今年もそれと同じような危険な夏を感じています。人もそうですが、今年お庭を作らせていただきましたお客様の樹木や植物も少し心配です。まだ十分に根が張れていない状態ですと地植えでも外に鉢のまま置いているのと近い乾き方をしてしまいます。北関東では夕立があるようですが、埼玉ではまだ夕立が少ないです。朝たっぷりと土がしっかり水を含めるように根元の土へ水やりをお願いできたらと思います。

木材?あれこれ

ベーシック(チークブラウン)

「自然素材」「経年変化」という言葉が好きなアトリエ朴ではありますが、素材は色々あり、それぞれ異なる長所があるため、状況によっては他の素材をお勧めする事もあります。珍しく樹脂木材と呼ばれるフェンスが現場で続いたので、少しご紹介させていただきます。まず天然木のフェンスの良いところは素材感として植物と「雰囲気の調和」がとれます。わかりやすい例で言うと、プラスチックのプランターに植物が植わっているよりも、少し苔むした大谷石の鉢に植わっていた方が調和して趣があります。時間の経過が趣に変わるんです。これに対して、樹脂木のフェンスの良いところは天然木よりも長持ちします。プランターの話で言えば、大谷石の鉢よりも水持ちも良くなります。それぞれの長所を知る事は大切です。

デコ(パールホワイト)

そして、もう一つお話ししたいのは昨今問題視されている高いブロック塀の話。ブロック塀と比較すると、天然木でも、樹脂木でもとにかく軽くて安全です。目的が庭の背景だったり、目隠しだったりする場合は、ブロック塀でなく、フェンスで十分かもしれないですね?これからお庭を作る場合、安全面もフェンスのメリットとして考えてみてください。さらに、現代は共働き時代で、時間に余裕がある方は少ないので、私も提案として減って来てしまっていますが、色々安全面とか考えると一番良いのは「生垣」ですね。部分的にでも樹種をしっかり選んでつくる樹木の列植も素敵ですよ!

 

はじめての庭づくり記事~樹木選び~

ひと枝あるだけでも・・・

樹木にどんな印象を持たれているでしょうか。落ち葉や管理がまず先に頭に浮かび、あまり良いイメージではない方もいらっしゃるかもしれません。でも、樹木や緑が無い場所でずっと暮らすという事を想像すると、それも耐えられない気がします。以前の記事でも書きましたが、緑があるという事は遺伝子レベルで人を安心させる力を感じます。

樹木は庭づくりにおいて重要な部分なのに、洋服のように普段買うものではないので、選ぶ基準もわかりにくいですよね。今回は樹木選びのお話です。

常緑樹(左オリーブ・右ナナミノキ)

a)植える目的を整理してみよう

木を植える目的とは具体的に例を挙げると、観賞目的の他、目隠し、防風、建物や環境との調和、夏の日差しを和らげる、日陰をつくる調整などあると思います。目隠しの木は常緑樹(じょうりょくじゅ)の方が冬も緑で効果的です。木陰を作るなら大きくなる木や横にも枝を張る木が効果的です。落とし穴としては、ヒアリングをすると多くの方はずっと緑のお得感から、常緑樹が好みです。でも、下の写真のように、涼しげでさわやかな緑は観賞価値が高く、常緑は冬の寒さに耐える厚い濃い葉が多いので、リビングからの見た目には落葉樹(らくようじゅ)を植えたいところです。実際には落葉7:常緑3くらいのバランスで、要所に常緑という選び方がお勧めです。

実はみんな落葉の雰囲気が好き?

b)植え場所の環境を知ろう

木にも自生地があり、環境の得手不得手があります。植えたい場所が北側なら日陰に適した木を選び、日あたりには陽樹を選びます。また、風当たりが強い場所には風に弱いミモザアカシアのような木は不向きです。そこがどんな環境か知る事で、選ばない方が良い木が見えてきます。また、細かい話をすると、樹形を選ぶ際にどこに植える木を選ぶかしっかりイメージすることはとても重要です。例えば、壁の前に植える木は葉が180度当たったような半分オモテみたいな同じ育ち方をした木を選ぶと最初からしっくりと馴染みます。あと、一歩踏み込めば、既存の環境に雰囲気、テイストに合う木を選ぶ必要もあると思います。極端な話としてはフレンチテイストにツゲの玉散らしは似合わないです。

c)どこで買うか

樹木は住んでいる地域によって、買う場所が難しい地域もあると思います。地域によっては植木センターのような場所があったり、ホームセンターに植木屋が入っているところもあります。植木屋の入っていないホームセンターでは、花市場に出るような若木苗がメインとなってくるので、安価というメリットはありますが、樹種が選べなかったり、自分で形を作っていかなければいけないというデメリットもあります。若木苗を選んだ場合は、植える位置に注意してください。葉張りが3mを想定したら、幹を壁から1.5~2mほど離した場所に植える必要があります。最初の苗のイメージで壁いっぱいに植えてしまいがちなので、注意が必要です。(この失敗はすごく多いです)また、今はヤフーオークションなどのサイトでも買えます。周りに買う場所がない方は一度覗いてみても良いかもしれません。後は、私たちのような造園、庭づくりを行っている会社へご相談ください。環境に合わせた樹木選びから、実際に生産者へ選びに行って仕入れ、植え付けまでを行えます。DIYでお庭をつくるにしても、樹木はできれば業者に任せた方が良い部分だと感じています。

土に隙間ができないよう、しっかり突きながら植えつけます。鉄パイプを付けたホースはアトリエ朴愛用の植え付け道具です。

 

d) おすすめの樹種

アオダモ

幹の模様も趣があって、自然な風合いの木。この木だけではないですが、雑木など自然な木を植えたら剪定は「風情を残す」事をイメージして行ってください。具体的に言うと外からぐっと切り詰めるのではなく、中の日が当たらなくなった葉、混んだ枝などを透かして行くイメージで切ります。

ジューンベリー 花・実・紅葉と3拍子揃った木

6月に実がつくから「ジューンベリー」。日本のザイフリボクと、アメリカのザイフリボクがあり、品種によって樹形も少し違います。

フェイジョア オリーブに葉色が似た常緑樹。

 

寒すぎると嫌がりますが、埼玉あたりならだいたい平気。目隠しにも良いですね。あと、モミジ・カエデ類は京都の紅葉のイメージで和庭の木というイメージも強いですが、自然樹形ならそんなに意識しなくても良いと思います。樹種よりも、松の門被りや玉散らしといった仕立て方の方が和っぽいイメージが出やすいのかもしれません。また、若干ですが、ヤマボウシやシャラは市場原理で同じような木でも少し安価に仕入れられる事が今は多いです。雑木類など幅広く考えておいて、見に行った際に「樹種」<「樹形」で選ぶ柔軟な考えも良い木をコストパフォーマンス高く選ぶポイントになります。

整理すると、「植える目的」「植え場所」「将来の理想樹形・樹高」ここを考えておいて、植木の産地などを回ってみてください。もしくは、庭づくり、造園屋にご相談下さい。そして、将来を想像して植える位置を考え、しっかりと水で締めて植えつけてください。ほりあげに適した時期はおおむね、落葉が冬の休眠期、常緑が春先です。植え付けは根を痛めなければそんなに時期は問いません。根を痛めなければというのは、コンテナに植わっているものを地におろすとか、仮植してある木を定植するという意味です。危険なのは、真夏に根を切って移植するとかの事で、これはお勧めできません。

アトリエ朴では樹木一本の植え付けから行っています。お気軽にご相談ください。

ご自身で行われる場合にはDIY庭づくりの方法をもっと詳しくまとめたコチラの本をぜひ参考にしてみてください。

 

無鄰菴での座談会

無鄰菴二階からの風景

無鄰菴は山縣有朋の別邸で、七代目小川治兵衛によって作庭された琵琶湖疏水の水を引き込んだ軽快な流れを有する庭です。先日はJAG理事会も兼ねてこちらの二階を借りて、座談会を行いました。テーマはメンバーの一押しプランツです。キャリアの長いデザイナー達はどんな植物に思い入れを持っているのか興味深い座談会でした。

無鄰菴二階は意外にも借りられます

そんなこんなで気になる、ガーデンデザイナー一押しプランツとは何が挙げられたのでしょうか・・・いくつかご紹介。

①カクレミノ・・・大きく育った姿は小さな北西側の目隠しの木とは思えない素敵な姿。

②オミナエシ・・・フジバカマなどと共に日本の気候にあったもの、こうゆうものを素敵に使うのが一番いい。

③利休梅・・・・日陰でも咲く白い花。これも昔の方が良く使われた木かな。

④山採りドウダンツツジ・・・硬い刈込を想像しやすいが、自然な姿は妖艶で美しいと。

⑤アブラナ科全般・・・・色味、強健さ、素敵なものが多い!

などなど、抜粋ですが色々植えて経験しているメンバーだからこそ出てくる言葉。やわらかい座談会、でも語り口は熱い。勉強にもなる良い時間でした。最近JAGでは高尚な話もありながら、リアルな話も多く、本当に勉強になります。メンバーの経験を座談会で共有できるってデザイナーとして成長するために大きな意味がありますね。

蓮華寺

翌日は蓮華寺や、詩仙堂などを巡り、上の写真、下の写真の場所で強いときめきも覚えました( ゚Д゚)

蓮華寺の蔵

なんというか、作りこまれているし、要素が多いのに、時間という共通のもので包まれている事も大きいと思うし、素材選びもあると思うけど、とにかく調和している!

美しい!

はじめての庭づくり記事~植物選び~

どんな植物を選んで植えたらいいか?

はじめての庭づくり記事 ~植物選び~  植栽について

植物を植える目的は様々です。建物と緑の調整、気温・日照りなどの調整、耐風、収穫、観賞、雑草防止・・・・リビングの前などは観賞目的も多い、でも勝手口から出た脇の通路は、雑草防止などの意味合いが強い事も多く、ここに植え替えが必要な1年草をメインに植えるという事は良い選択ではありません。植える目的と、メンテナンス頻度のバランスを考えてみましょう。まずは、下の図で、植物の分類を見てみましょう。植物の特性を知り、植栽したい場所の「目的」と「環境」を考えてみます。

大切なのは、無理しないこと。花だけでなく、宿根草の芽吹きや、樹木の幹、枝ぶり、カラーリーフなど植物の美しさは多様です。上の図を見て、メンテナンスバランスを考慮してください。また、寄せ植えのように、違う品種を集めると成長スピードの違いで、メンテナンス頻度が必要になります。日あたりは雑草が生えやすい環境です。土地の広い方は木を何本も植える「ウッドランド」のようなゾーンの考え方も取りいれる事も有効だと思います。

アトリエ朴では植栽のみのご相談もお待ちしております。経験を基にした計画と、全国の生産者さんとのつながりがアトリエ朴の強みです。

ご自身で行われる場合にはDIY庭づくりの方法をもっと詳しくまとめたコチラの本をぜひ参考にしてみてください。