麗しの千両万両

奇麗な斑入りの万両

千両や万両に皆様はどんな印象をお持ちでしょうか? 名前からして“和”の世界、古風な植物のイメージもありますよね。千両と万両は寒さに少しだけ弱いので、常緑樹の下とかの方が良いとは思いますが、管理がとても楽な植物です。そして、それでいて、千両も万両も常緑低木です。写真の万両は斑の入り方がとても美しい。曙斑のようなものから覆輪のようなもの、砂子斑のようなものまでバリエーションがあります。個体や品種を選ぶと面白い植物です。

紅孔雀

この万両は、かなりの傾奇者です。名を「紅孔雀」と言います。これもやはり斑の入り方が相当面白い。斑には、黄色斑、白斑、赤斑とありますが、明らかに「赤」ここまで赤い斑も珍しいと思います。

斑入り千両

これは斑入り千両。ちなみに一両は蟻通し、百両はカラタチバナです。千両の斑は黄色斑が多いみたい。前に白斑も見たことあった気がする。

斑入りヤブコウジ

そして、一番お勧めなのが、この十両。斑入りヤブコウジです。千両、万両より寒さにも強く斑の入り方、葉の展開の仕方といいまさにエレガントです。ここまで乗せてきた千両や万両、十両はどれも変わり種ではありますが、名前に先入観をもたずに、洋風のお庭でもぜひ使っていただきたい植物です。なんせ管理が楽ですし、日陰にも耐えて、暗い場所を斑で明るく魅せてくれます。

現場の様子

現在進めているガーデンもだいぶ形が見えてきました。庭で楽しく過ごすための居場所を作っている様子です。居場所と言えば、来年からガーデン&ガーデンさんでまたコラムを書かせていただく事となりました。中身としては庭で楽しく過ごす方法に特化した中身にする予定です。お庭を考えるという仕事をさせていただいてきましたが、現代の都市部~国道16号辺りの庭で楽しく過ごすために必要な事は、「プライバシー」「居場所」「素敵な植物」の3点が必須と考えています。自分でお庭をデザインする場合でも、この3つを意識しながら考えると作った後にも庭で楽しく過ごす事ができると思います。このあたりを具体的にしっかり書いていきたいと思っています。

Container

下にキャスターがセットできるから・・・下の動画の通りに。

先日コンテナで植えさせていただいたフェイジョアですが、このコンテナがなかなか扱いやすかったです。キャスターが目立たず鉢底のくぼみ部分に収まり、これだけ重いコンテナもすーーっと動きます。

底面潅水で水の管理も楽々

底面潅水ってご存じですか?鉢の底部に貯水できるタンクが入っていて、基本的にはここに水を貯めておけば細かいことは気にしなくてOKというもの。仕組みとしては、毛細管現象で土が水を引っ張るというもので、水の量も、写真のフロート(浮き)で視覚的に確認する事ができます。

室内に大型観葉を置く場合でも管理しやすいと思うので、お勧めのコンテナです。

講演会のご案内

11月8日、静岡県浜名湖ガーデンパークにて、「ガーデンと楽しく付き合うコツ」と題した講演会を行わせていただきます。内容はバイプレーヤー、脇役をうまく使うコツとか、ガーデナーにとって本当に便利な道具とか、またもやバラエティ形式となっています。参加費も無料なので、お近くの方はぜひお越しください。

・・・って最近イベントの記事が多くなってしまっていますが、お庭もどんどん作らせていただいております。今月も3件目の大き目のお庭にも入らせていただいております。

ライン引きから始める現場はクリエイティブな部分が盛沢山です。

モチベーションの魔法

中学生の勉強が楽しいような、嫌いのような微妙な時期に、不思議とパイロットの2020シャープペンシルを使うとノートに字を書くという事が楽しく感じられました。振ると芯が出るというのが当時最大の特徴でしたが、その事よりも、持つ部分の太さというか安定感が凄く好きでした。

30年程前の話になってしまいますが、なぜか急に思い出し、amazonでフレフレシャープと検索すると今でも販売していたので、すぐにクリックしました。

飛びぬけたヒット商品ではないかもしれないけど、こんなモチベーションを上げてくれるアイテムってそうそう出逢えないと思います。

読書したくなる小屋?

先日作らせていただいたお庭の小屋ですが、扉を開け放ち、緑を眺めながら座り心地の良いソファを置いてもらい、ゆっくり読書をしてもらいたい。そんな思いで作りました。本を読みたい気分でなくとも、ここに来ると読みたくなる。自分にとってのパイロット2020シャープペンシルぐらいモチベーションがあがる小屋になっているといいなぁ。

スッキリ機能的な門扉

左側の幅狭い方は、ほとんど固定

アプローチに取れるスペースを有効活用するために、表札、インターフォン、ライト、ポスト等を門扉に取り込んだオリジナルデザインです。ポストへの投函物は門扉の内側から取りたいというご要望で、門扉にポストを取り込みました。いつもは右側しか開閉しませんが、いざという時は左手も開きます。そして、ポストの出っ張りがあると、あまり開かないから、左扉は外側に開き、右扉は内側に開くという特別な作りです。

以前作ったのは木材+アイアン

去年もこのパターンで作らせていただきました。今見ても相当格好良い。

オリジナルで作ると大量生産品に比べてコストはかかるけど、エクステリアの中でメリハリをつけるには、全体を植物などで優しく作って、門扉をキュッと締りのある格好良い物にすると個性と優しさのナチュラルモダンが作りやすい気がします。

話は変わって先日の雑司ヶ谷前庭コンテストの表彰式で司会をしてくださった有名な方とは、、、、じゃん!

特ダネでいつも拝見していた笠井アナでした !とても優しい人柄でした。先月でフジテレビを退社してフリーになるというなんとフジ社員として最後の仕事らしかったです。この前庭コンテストという取り組み、表彰式で他の方の素晴らしいフロントガーデンを見る事、興味を持つきっかけにもなりますね。自発的に行っているイベントに豊島区の区長も駆けつけていました。他の地域でも取り入れられそうなアイディアですね。

自然石の加工(t=70mm)

自然石の駐車場

現在作らせていただいているお庭の駐車スペースの石の加工です。何が凄いってこれはタイルや薄い自然石ではなく、幅も1m近い大判で厚みも70mmの特別な石です。これを丸く刳り貫くのに小林はホールソーではなくグラインダーで感覚で行えてしまいます。

位置を出して・・・
切り込みを入れて
削る

もともと器用で、さらにこの道30年という経験もありますが、少しでもずれることのできない円という形で合わせられるのは、これもモノづくりの“センス”だと思います。

協調性ある量水器の蓋に。

ガーデンで主張する不自然な“水色”

プラスチックだとなんでこの色なのか理由はまだわかりませんが、植栽の間にあるとこっちに目がいってしまいます。鉄製の蓋は結構金額もするし、書いてあることが変わってしまうのもいけないので、嫌だなあと。

塗りますか?と聞くと行動力のあるオーナーは水道局に塗っても良いか確認までとってくれて、蓋を洗ってから例の塗料で塗ります。

青を黒に塗った蓋

水色の主張はなくなり、協調性のある蓋に変身しました!

真夏の植樹

屋根にかかるアオダモ

教えている専門学校の生徒達にも、落葉樹の移植適期は休眠期の冬ですと授業しているし、NHK趣味の園芸の樹木管理のページにも記事を書いていた時はそう書いていました。でも植栽を仕事で行っていると全て冬にというわけにも行きません。例えば、商業施設で9/1日オープンというお店の植栽などは植栽工事が行えるようになるのはほぼ最後ですし、緑が入ると空間はぐっと雰囲気良くなるので、8月の植込みという事にならざるを得ません。

そんな中でもギリギリの判断はしています。基本的に、移植後水をあげられるかがポイントになるのですが、今回、植えたアオダモは落葉樹の中では夏でも頑張ってくれる方の子で、ジューンベリーも水あげていれば大丈夫の事が多い。

今回大き目のリキュウバイも計画していますが、リキュウバイは芽もやわらかいので、今週の気温が上がるもうひとやま過ぎてからにしようかなど、少しのタイミングにも気を使います。もちろん、品種だけでなく個体としてどれだけ今の場所に植わっていたか、根がどんな感じか、植え場所はどうか?なども判断材料になります。

少し秋の気配も出てきています。もう一度暑くなって、もう一雨降れば一番避けたい時季は通り過ぎるのかもしれません。

なんて事も考えながら今日は暑い日に大きな樹木を植えこんできました。

色を揃えるだけで。

アイアン施工の現場に機能重視で選んだサイクルスタンド

極論、「美しい」って光の調和だなって最近思います。この光の中には色という意味もあるし、フォルムによる光の変化も含み、調和の中には対照の調和、コントラストとかも含みます。

今の現場では機能として必要で選んだステンレスのサイクルスタンドがありますが、昨日色の調節を行いました。

アイアンと近似の表情に
おお。アイアンに見える
相変わらず凄い塗料です

そして、昨日虫の話を書いたからか、突然蝉の幼虫がてくてくやってきて、仕事の横で羽化?し始めました。昨日あんなブログを書いた手前、気持ち悪いとは言えずに観察をする事に。

人生の59/60を土の中で過ごし、最後の一ヶ月だけ外に出るって、凄い話だなぁって感動してしまいます。ここからは私の妄想ですが、きっと蝉は本来土の中の生き物で、たまたま見た空に憧れて、、、、憧れて憧れて羽を手にしたのでは無いでしょうか?そのためには、実に59/60は力を貯め続けて、貯め続けて、そして羽化する。それでも残った蝉の力はごくわずか。

空に憧れてこの一瞬に全てをかけるような、人生のほぼ全てという大きすぎる代償を支払ってでも飛びたかった刹那の人生。

短時間でこれだけ身体を変化させるには実際相当のエネルギーを使っていると思います。体の大きささえ相当変わっていましたよ!

この蝉はイカロスと名付ける事にしました。これで、コンビニでて急にジジジとなっても、前よりは飛び跳ねなくて済みそうです。

ちなみに、スタッフNは怖がることなくテンションアゲアゲで撮影しまくりです。強い。

あれ?なんの話だったっけ。

自然は真空を嫌う

ジンクリッチ塗装の状態

アトリエでは、かつてない量のアイアン製品が製作されています。昨年辺りから人数少ないながらも、新たな縁や、それぞれのスキルアップで仕事をできる量が少しづつ増えてきているなあ・・・と思っていて、その分ちゃんと仕事が増えたらいいなと思っていたら、その分以上のお話をいただいております。

ありがとうございます<m(__)m>

同年代の仲間、横のつながりと、上から引っ張ってもらう力、そして下から支えてもらう力がかみ合うと仕事や成長はうまく行くと言いますが、アトリエ朴の場合、本当に上の方に良くしてもらってきましたし、横のつながりにも恵まれていました。今は若い力も加わってさあ、みんなで頑張ろう!!という状態です。

体調管理には気を付けながら、みんなで苦しみと楽しみを味わって一現場ごとに「格好良いね!」と笑顔で言えるよう頑張っていきたいと思います。

初夏の滝山ナチュラルガーデン

今年はバンプトン手前のリアトリスが良い感じになってきた

梅雨の晴れ間はナチュラルガーデンの植物達もイキイキしています。本日はお庭造りの植込みの前に、八王子ボランティアガーデンの方々ともお逢いできました。定例の作業日以外にも草取りをして下さっているボランティアさん達もいるようで、季節のわりに雑草が少なめです。嬉しいです!でも熱中症には気を付けてくださいね。

背景がマウンテンミントで手前がロシアンセージ、間にパニカムチョコラータ。

フォルム的には線と点のような、落ち着きが足りない?エリアですが、色はマウンテンミントの白っぽい芽に、チョコラータの黒がちょうど良い量で効いています。

人が居る方が景色が良い感じになる。服装も調和してますね!

私は寂しがりやだからか?ガーデンに人が居る時の景色が好きです。まだまだ若い庭ですが、皆の愛情で少しづつ良くなっていくガーデンだと確信しています。

コンクリートもフォルム変えるとソフトなイメージに近づきます

午後は80km程移動して、個人邸のお庭づくりへ合流します。重く埋めたいイメージのコンクリートを、フォルムを変えて、やや丸みを持たせてソフトな方に寄せたアプローチです。バーミキュライトなどを混ぜて土を塗る“ソイルコンクリート”の時に使っていた手法を今回はコンクリートのみで行っています。

※お伺いをお待ちいただいている皆様、雨で思うように伺えていなくてすみません。今週末からも、雨が続くようで予定が立てづらくなっています。 m(__)m

北アフリカより届いた鳥かごで

チュニジアやモロッコの鳥かご?

現在アトリエ朴限定ではあるものの、鳥かごライトが静かなブームです。3年前に西武ドームのイベントでパリをテーマに作品を依頼された際に、いつも良いタイミングで会話をしてくれてアドバイスをくれるOさんの「パリ」からのイメージで鳥かごをたくさん置いて、その時から鳥かごの持つ愛らしさや独特の存在感に惹かれていきました。

もしかしたら、ここなら鳥かご似合うかも?っていう時だけ提案させていただいたりしてきましたが、実際のお庭でもライトとして使わせていただいてきました。

そして、今つくらせていただいているお庭ではお施主様の発想のもと、素敵なテイストで作らせていただいていて、なんとライトはお施主様取り寄せで、北アフリカ方面の鳥かごを使用させていただいております。ライトを仕込んだり枠をつくったりしていると、これでライトついたら可愛いだろうなあ・・・・って。すでに楽しみで仕方ない。

ちなみに、ブログでも最初はBIRDCAGE LIGHTとか格好つけて呼んでいましたが、自分も含め、気づけばスタッフもいつも「鳥かごライト」って呼んでいるので、あー もう、鳥かごライトって呼びます。アトリエ朴は格好つけるのは無理があるようです。